スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『A Girl Like Me』 Rihanna 

ミリアンは金ヤバスだったので今回はお預け(`・ω・´)

ガール・ライク・ミー(初回限定特別価格)


という事で、Rihannaのニューアルバム『A Girl Like Me 日本盤』(4月19日発売)。

前作『Music Of The Sun』からわずか半年とちょっとで放たれた2nd。(日本盤で計算)
その内容が実に秀逸だったので、今作の発売を今か今かと待っていました。

今やティーン・アーティストの頂点に立っていると言っても決して過言ではない彼女の今作は、ただ今全米でスマッシュ・ヒット中の1stカット・シングル『SOS』をはじめとする12曲+日本盤のみのボーナストラック4曲の計16曲で構成されています。

その『SOS』なんですが、元ネタは1981年に大ヒットしたというSoft Cellの『Tainted Love』。実際に拝聴したんですが、こちらの方もなかなか好感触でしたw 20年以上も前の楽曲で、80's臭もそれなりにするんですが、今自分が求めているノリにピッタリフィットしました。PVも発見したので、よければどうぞ→こちら


収録曲 (シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.SOS
2.Kisses Don't Lie
3.Unfaithful
4.We Ride
5.Dem Haters feat.Dwane Husbands
6.Final Goodbye
7.Break It Off (Rihanna&Sean Paul)
8.Crazy Little Thing Called Love feat.J-Status
9.Selfish Girl
10.P.S.(I'm Still Not Over You)
11.A Girl Like Me
12.A Million Miles Away
13.If It's Lovin' That You Want - Part2 feat.
Corey Gunz

14.Who Ya Gonna Run To
15.Pon De Replay (Full Phatt Remix)
16.Coulda Been The One


主な収録曲を追っていくと、
前述のとおり、大ヒット曲を元ネタに、リズミカルなステップでリスナーを酔わせ、こちらが”SOS”状態になる事必至のエレクトロ・ポップ①『SOS』
臨場感溢れるロッキッシュ・サウンド+レゲエ・リディムという斬新なアプローチで魅せてきた②『Kisses Don't Lie』
1stアルバムが大ヒット中のNE-YOが手掛け、既に2ndカット・シングルにも決定しているメロディアスなミディアム③『Unfaithful』
早打ちの高速ビートと『ウィラーウィラー♪』というフックが病み付きになるスムーズR&B④『We Ride』
その名の通り永遠の別れを綴ったリリックと、彼女の繊細なヴォーカルに胸が詰まるしっとりスロー⑥『Final Goodbye』
Rihanna&Sean Paulというダンスホール・コンビの夢の競演でもあるシャープ・アッパー⑦『Break It Off』
前作に続きJ-Status参加のゆったり流れる正統派レゲエ⑧『Crazy Little Thing Called Love』
終わった恋に未練タラタラな主人公にどこか親しみを感じたアコースティックR&B⑩『P.S.(I'm Still Not Over You)』
心に直接訴えかける硬派なリリックが一際異彩を放つ、グルーヴィーなアルバムタイトル曲⑪『A Girl Like Me』
アルバム本編ラストは、1stアルバムの『Now I Know』を自ずと彷彿させた感動的なスローバラード⑫『A Million Miles Away』
ボーナストラック1曲目は、昨年のアルバムからカットされたシングル曲のPart2と銘打たれたニューヴァージョン、レゲエ・タッチだった原曲の曲調とは一転、アラビアンな趣で、全く違った感覚を楽しめる⑬『If It's Lovin' That You Want - Part2 feat.Corey Gunz』
”クイーン・オブ・ダンスホール”を惜しげもなく見せ付けた、軽やかでゆとりを持たせた唄いまわしに圧巻のレゲエ・ナンバー、完全新曲の2曲の内の1曲⑯『Coulda Been The One』まで、


前作よりもミディアム~スローの落ち着いた楽曲の割合が増えて、どの楽曲も、彼女の色っぽい大人の魅力が一杯に広がった好盤になっています。1stよりも着実に成長している、というのが窺えました。しっとりナンバーが増えたという事は、必然的にお目当てのR&Bナンバーも前作より多く聴けて、それはそれでかなり嬉しかったんですが、その分、彼女の真髄でもあるダンスホールベースの楽曲が若干邪魔くさく感じてしまった、というのも否めません。特に中盤。ほんと若干ですが。
でもこれは俺が、”彼女がどういうアーティストなのか”っていうのをまだよく知らない証拠かもしれないっすね^-^; でも前作同様、予想以上に楽しませてもらったので、感無量でした!

★★★★★★★★★☆


Rihanna 公式ページ(『SOS』試聴できます)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

健くんはや!
僕ももちろん買いましたが、例によっていくつかアルバム買ったため、まだ全然聴けてないです。「SOS」只今聴き中。たぶん今週は自分にとってリアーナ&ミリアン、ヘビロテウィークになりそう。このジャケット可愛いですよね。
[ 2006/04/18 23:53 ] [ 編集 ]

>>hirocksさん

明日から1週間は邦楽の新譜の方のレビューが慌しくなりそうで、やったら今日しかまともに書けないかもーと思い一気に書き上げましたw
ジャケ可愛い!中身もセクシーですた(*′ェ`*)ポッ ミリアン欲しかったんですが・・・まぁ仕方ない。
[ 2006/04/19 00:17 ] [ 編集 ]

ぐあー、、
昨日夜中まで遊んでたからCDショップ閉まっちゃってリアーナとミリアンたんをお迎えに行けなかったよ(ToT)
今学校だから終わったらソッコーでお迎えに行かなきゃだね!
健くんのレビュー見るとグルーヴよりも聴かせる曲が大目なんかな(^^)
スゲー楽しみ♪
[ 2006/04/19 11:54 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

あらーお盛んですなぁーw
早くお迎えに行ったげてちょw
そやねーしっとり系が増えて上品な印象を受けたなぁ(ノ´∀`*)
[ 2006/04/19 16:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/03 04:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/221-940bfc97


A Girl Like Me (Rihanna)

こりゃホント良かったですわ!って事で、今日は「ポストBeyonce」と称されるQueen of Dancehallこと"Rihanna(リアーナ)"の2ndアルバム「A Girl Like Me」を♪  リアーナ, ドゥエイン・ハズバンズ ガール・ライク・ミー(初回限定特別価格) 1、「S.
[2006/06/12 16:19] URL ポニー♂日記






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。