スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『追伸』 ネスミス 

EXILEの元で復帰って、本人は複雑じゃなかったのか・・・。

追伸(DVD付)


という事で、ネスミスのソロデビューシングル『追伸』(4月12日発売)。

CHEMISTRYEXILEのATSUSHIらを輩出したASAYANのヴォーカリストオーディション出身の彼。一時は俳優の柏原収史とバンドを組み活動をしていたものの、1年ちょっとであっけなく活動休止してしまいまして、歌手としては実に約4年ぶりの復帰となります。
所属は、EXILEのリーダー?HIROが社長を務める『LDH』。CDレーベルも、EXILEらの在籍するRhythm Zoneです。

タイトル曲は、面と向かってでは言えない好きな人への胸の内を、手紙に託して伝えるというストーリー性ある歌詞がなんともロマンティックなミディアム?チューン。R&Bチックな繊細なビート使いで、非常にグルーヴィーです。作詞は秋元康、作曲はBOUNCEBACKという事で力の入りようはひしひしと伝わってくるんですが、んー、あともう少し!ってところなんですよねー。

今作で久々に彼が拝めるという事で、かなり期待してしたんですが、正直、一時期のエグ臭似た雰囲気を漂わせていて、特にエグの曲の『羽1/2』という曲と印象が被ってしまって、聴き初めは自分の中でなかなか差別化が図れませんでした。いや、両方とも(・∀・)イイ!!曲なんですけどねw
なので、楽曲の個性を見つけるのに結構時間がかかったなぁと。『いいんやけど、何がいいかって言われると・・・んー?』ってな具合のニュアンスw

ヴォーカルもまだちょっと野暮ったいかな。でも言い方を変えれば『ひさびさの楽曲にしては上出来!』です。

カップリングは、作詞を秋元、作曲をEXILEのATSUSHIが手掛けた、まさにASAYAN出身タッグで送るスローナンバー『Brand-new day』。これに関しては極限まで無難な路線なので敢えてノーコメでw

それにしてもウエンツ同様、この顔で英語ペラペラじゃないっていうんやから不思議。

★★★★★★★★★☆


ネスミス 公式ページ
スポンサーサイト

ねすみすりゅーたかりむ。

言いたかったダケダヨ。
曲は俺的にはNG。以上。
[ 2006/04/17 22:10 ] [ 編集 ]

>>ぽさん

ネスミスは芸名縮めて正解だったなぁとオモタ。以上。
[ 2006/04/18 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/216-2ccc343d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。