スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『川本真琴』 川本真琴 

時々無性に聴きたくなる1枚。

川本真琴


という事で、川本真琴の1stアルバム『川本真琴』(1997年6月25日発売)。

96年、彗星のごとく現れ、シングル『愛の才能』で鮮烈でビューを飾ったシンガーソングライターの彼女。
以後『DNA』『1/2』と連続してスマッシュ・ヒットを記録しています。その3枚のシングルはもちろん収録のこと、アルバムタイトルどおり、”川本真琴”のくすぐったくいじらしい世界観がギュギュッと詰まった、お楽しみ箱のようなポップな1枚です。


収録曲 (シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.10分前
2.愛の才能(アルバム・ヴァージョン)
3.STONE
4.DNA
5.EDGE
6.タイムマシーン
7.やきそばパン
8.LOVE&LUNA
9.ひまわり
10.1/2


主な収録曲は、
『ねぇ神様 チュッ チュッ チュッ』の唄いだしから”してやられた感”タップリの2つ打ちビートの変態ラブソング①『10分前』
去年覚せい剤所持でタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!!!!された岡村靖幸プロデュースによる、岡村色がハッキリと滲み出た破廉恥じみたデビュー曲②『愛の才能』
さっぱりとしたギター・サウンドに乗せて、可憐でちょっと風変わりな主人公が目を凝らして愛と向き合う④『DNA』
幼い頃にお化け屋敷なんかで感じた恐怖感をふと思い返させるような生温く奇妙なサウンドで展開するシュールな⑤『EDGE』、
懐かしさを帯びたアレンジ・張り詰めたヴォーカルとそのすべてが秀逸な、彼女にしては珍しくダイレクトに綴った切ない失恋ソング⑥『タイムマシーン』
彼女の代名詞ともいえる”キレのいい早口な歌いまわし”をこれでもかというぐらい味わう事の出来る、痛快なポップ・ソング⑦『やきそばパン』
彼女のシングル”ピカピカ”を彷彿させるメルヘンチックなイントロで幕を開ける、淡い淡い夏物語⑨『ひまわり』
身体と一体化してしまいそうなギターストロークに聴く度酔ってしまう秀曲、アニメ『るろうに剣心』テーマソングで73万枚ものセールスを記録した彼女の代表曲でもあるリズミカル・アッパー⑩『1/2』まで、


10曲という言わば”限られた時間”の中で、楽曲1曲1曲の繊細な世界観だけでなく、ここまでアーティストの本質や意図、そして性格まで何もかもが手に取るように解って頷けてしまうCDというのは、なかなかないんではないかなと思います。
冒険を果敢に試みながらもその丁寧な作りにも、ひたすら脱帽です。

しっかし、歌詞カードが読みにくすぎる。ミニポスターの裏面に歌詞が敷き詰められており、ブックレット派の俺としてはかなり不服だったんですが、それだけならまだしも、曲順どおりに歌詞が並列していないので、曲が変わる度に次の歌詞探しに目をぎょろつかせなければいけない羽目に。

ここだけが惜しいwww

歌詞の1フレーズ・1場面が次の曲の歌詞にも繋がりループしており、さも1曲1曲がひとつの共通した物語になっているように感じさせる文字レイアウトは、まぁ凝ってるなぁとは思うんですがねぇ。
彼女のCD・楽曲には、こういった遊び心が結構見受けられるんですよね。

続く2ndアルバム『gobbledygook』も名盤なので、またの機会にレビューしたいと思います。
現在は所属していたソニーを離れ、ライブ中心に活動している彼女、もう戻ってこないんかなぁ。

★★★★★★★★★☆


川本真琴 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   

スポンサーサイト

はじめまして。
ちょうど最近、自分もこれ聴いてるんですが、いいアルバムですよね。
「gobbledygook」未聴なのでレビュー楽しみにしてます。
[ 2006/04/02 01:48 ] [ 編集 ]

はじめましてー

コメントありがとうございます。
俺も時々ほんと無性に聴きたくなるんですよねぇ。名盤です。
『gobbledygook』はこのアルバムをもうひとつ捻りを効かした感じですかね。またレビューしますね^-^
[ 2006/04/02 02:20 ] [ 編集 ]

無性に聴きたくなるっていうのすごくわかります!!
このアルバム、愚かにも売っちゃったんですよね…。
100円で売ってたら買い戻しますw
「やきそばパン」のインパクトがデカかったv-237
[ 2006/04/02 08:46 ] [ 編集 ]

僕も愚かにも売ってしまった悲しい人ですv-13。仕方ないので
MDに残ってた「1/2」「愛の才能」
「DNA」をたまーに聴いてます。詞のつけ方が独特で好きなんですよね。
あと「桜」も大好きです。
去年カネボウのCMソングでカヴァーソング「涙の太陽」歌ってましたね。リリースはされませんでしたけれども…。懐かしいです。
[ 2006/04/02 14:16 ] [ 編集 ]

>>ピタさん

ですよねー。
てか中古で度々見るんですけど、300円以上の値で売られてるのを見たことがありませんww

俺も『やきそばパン』がこの中だと断トツです!早口をよく練習したものですw
[ 2006/04/02 16:46 ] [ 編集 ]

>>hirocksさん

あらー。
そうなんですよねぇ。今回レビューの際に改めて歌詞を眺めていると凄く上手いなーって再確認しました。

桜は俺の中でもシングルでは1,2を争うぐらいの歌です!

『涙の太陽』歌ってたんですか!めっちゃ聴きたかった・・・しらん内に聴いてるんかもですけど。
[ 2006/04/02 16:49 ] [ 編集 ]

いやーわざわざこっちにまでコメントいただいてありがとうございます。
オレは世代じゃないんで、逆に安値で発掘してきた側ですw
ほんと300円以下ですよね… うれしいような悲しいような。
[ 2006/04/02 19:38 ] [ 編集 ]

>>ネモトさん

いえいえw
俺もリアル世代ど真ん中ってわけでもないんですが(なんせ当時はまだ小学生なので・・)、1/2のインパクトがやっぱり大きかったのを今でも鮮明に憶えています。ちなみにるろ剣は観てなかったんですがねw
確かに悲しいっていうのは分かるかも。名盤なのにね・・(;´∀`)
[ 2006/04/02 21:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/179-9a0c0d9a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。