スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『やさしい花の咲く場所』 奥華子 

月間MVPにちなんで。

やさしい花の咲く場所


という事で、奥華子の1stアルバム『やさしい花の咲く場所』(3月1日発売)。

昨年7月にメジャーデビューして以降発売した『やさしい花』『魔法の人』『恋つぼみ』の3曲のシングルを収録。

彼女は、ピアノを弾き語るシンガーソングライター。風貌はつじあやの+aikoといった感じ。
最近ではあの『TEPCOひかり』のCMソングを手掛けた事でも注目されています。

先日の『月間音楽BEST 2006年3月の巻』で、自身のMVPアーティストに選ばせてもらったんですが、やはりそれだけインパクトがあったんですよね。素朴な感じが逆に。

収録曲 (シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.雨あがり
2.魔法の人
3.月のそばで眠りたい
4.そんな風にしか言えないけど
5.帰っておいで
6.窓辺
7.春風
8.恋つぼみ
9.リップクリーム
10.きみの空
11.鳥と雲と青
12.やさしい花


主な収録曲は、
幼気な彼女のヴォーカルから幕を開けていくOPスローナンバー①『雨あがり』
無垢な歌詞とそれを包容するメロディーラインが、タイトルどおりどこか幻想的な②『魔法の人』
キャッチーなメロディーラインと男目線の初々しい歌詞が特徴的なラブ・ソング④『そんな風にしか言えないけど』
『JR東日本』のCMソングとしてお馴染み(らしい。関西では流れない(`・ω・´))の、極上の癒しバラード⑤『帰っておいで』
それこそつじあやのを意識したようなクリアなスプリング・ミディアムナンバー、是非ともこれからの季節、自転車で土手を駆けながらでも聴きたい1曲⑦『春風』
離れてしまった好きな人と再び会える日を心待ちにする主人公を=咲くのを待っているつぼみとたとえた甘酸っぱいバラード⑧『恋つぼみ』
彼女の持ち味のひとつである軽快なピアノ・プレイを存分に堪能できる⑨『リップ・クリーム』
重厚なストリングスが、楽曲に大きなスケール感を持たせている⑪『鳥と雲と青』
そしてラストを飾る、このアルバムのメイン・テーマともとれる切ない旋律のスロー⑫『やさしい花』まで、


全体的に彼女の声とピアノが最大限に生かされたミディアム~スローナンバーで構成されており、アコースティックの温かい世界観を味わえること請負なんですが、裏を返せば、緩ーいノリが一貫して続くという悪い見方も出来てしまいます。
なので、リスナーを選ぶ事態はおそらく避けられないかと思いますが、”とにかく癒されたい!”という方や、”作業のBGMに最適なCDが欲しい”という方には、まさにピッタリな1枚ではないかなぁと思います。特に後者。余計な雑念をこの1枚がすべて消し去ってくれそうです。まぁ、このCD自体が雑念なんじゃないのっていう質問はどうぞお控えください。 ぇ

★★★★★★★★★☆


奥華子 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   

スポンサーサイト

コメントをいただいて、訪問しました。凝ってますね~。私の手抜きブログとは大違いです(笑)。

「帰っておいで」がJR東日本のCMソングとは知りませんでした。
流れてたのかな? 関東在住ですが、気づかなかった……。
[ 2006/04/02 21:10 ] [ 編集 ]

>>なまけものさん

いやぁー凄く感慨深く見させてもらいましたよ?『小さい秋みつけた』とかはズバリ唄ってくれー!って同感でしたしw

『帰っておいで』は俺も最近CMだっていうのに気付いたんですが、じゃあ関東でもあまり流れてないってことなのかな?一度だけ機会があって見れたんですが、凄く和みましたね、彼女の歌のおかげでw
[ 2006/04/02 21:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/178-5abb001f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。