スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ASIA』 EXILE 

SHUNよ永遠に。

ASIA (DVD付)


という事で、EXILEのニューアルバム『ASIA』(3月29日発売)。

”エイジア”と読みます。
つい先日、ツインボーカルの内の一人・SHUNが突然の脱退を表明し、驚いた方も多いかと思います。そんな今後はソロとしていく彼のEXILEとしては最後の作品となるこのアルバムは、前作『EXILE ENTERTAINMENT』から実に2年3ヶ月ぶりという通算4枚目となるアルバム。(間にEXILES名義のアルバムが発売されていますが、それは今回除外させてもらいました。)

ヒット・シングル『ただ・・・逢いたくて』をはじめ、GLAY×EXILEの『SCREAM』、『EXIT』『YES!』の4曲のシングル曲を収録した今作は、もはやEXILEとは親縁なT.Kura&michicoをはじめ、海外からは著名ラッパー・FATMAN SCOOPが参加するなど、作家陣にそそられて購入する流れになりました。

収録曲 (シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.ENTER THE EX
2.Eastern Boyz 'N Eastern Girlz
3.EXIT
4.careless breath
5.永遠
6.Happy Birthday
7.LET THE MUSIC PLAY feat. michico for Giant Swing Productions
8.ROCK DA HOUSE feat. FATMAN SCOOP
9.SCREAM [GLAY×EXILE]
10.STAY(Sit Back Mix)
11.最後の告白~STAY part. II~
12.Why oh why・・・?
13.YES!
14.DIAMOND
15.ただ…逢いたくて
16.Love, Dream & Happiness [EXILES]
17.Road 2 ASIA



アルバムは、
①『ENTER THE EX』の奇怪なオープニングからスタート。
②『Eastern Boyz ’N Eastern Girlz』は、PVも制作されているアルバムリード曲。なんといってもT.Kura&michicoのゴールデン・タッグで送る、アジア精神を掲げた激ドープなスペクタクル。特にメロディーラインとヴォーカルアレンジにかけてのmichicoワールド炸裂の世界観が癖になります。
③『EXIT』は、現在の彼らのスタンダードともいえるポジティブ・ポップ全開のアップナンバー。
④『careless breath』アニメ『ブラック・ジャック』のEDテーマ。1stアルバムの頃の楽曲のような繊細なビートを使用した悲哀漂うミディアム・チューン。
⑦『LET THE MUSIC PLAY feat. michico for Giant Swing Productions』は、Shannonが唄いヒットしたダンス・クラシックのカヴァー。michico自身もひっさびさにヴォーカリストとして参加しており、ファンとしてはやっとの事で無沙汰が拭えたので、嬉しいことこの上ありません。
T.Kuraも自身率いる『Gian Swing Productions』としてプロデュースを担当。
⑧『ROCK DA HOUSE feat. FATMAN SCOOP』では、USの大物(巨漢)ラッパー・FATMAN SCOOPを迎え、彼特有のガナりフロウでリスナーを仰ぎ立てたままアルバム後半へと繋ぐ、上手い具合に橋渡しの役目を果たしている短編になっています。
⑨『SCREAM』はご存知、GLAY×EXILEとして発売されたヒット曲。互いの個性が混同して極大化したパワーを吸収し、新しい彼らが窺える1曲。
⑩『STAY(Sit Back Mix)』は、前作のベストアルバムに唯一新曲として収録されたナンバーを、今回新たにセルフ・リミックス。原曲よりも軽ーいウェットな仕上がりになっており、ヴォーカルの艶っぽさが一層引き立っています。
⑪『最後の告白~STAY partⅡ~』は、その通り⑩の続編の位置づけにある楽曲。トラックは、ARIA・LISAなどを手掛けた新進気鋭のメイカー・STYを起用、コーラス・ワークがキーになっているので、COLORに唄わしたらよかったかもw そしてこれを聴くと、やはりSHUNはこういう曲調は今一フィットしきらないなぁと再確認。
そして『Kiss you』を思わせるスマートなビートが効いたアップ⑫『Why oh why...?』、個性がなさすぎるシングル曲⑬『YES!』、50万枚を超すビッグ・ヒットとなったキャッチーなバラード⑭『ただ・・・逢いたくて』と続きます。
そして歌唱曲のラスト⑯『Love, Dream & Happiness』は、タイトルが自身らも社員として名を連ねる事務所『LDH』に由来していると思われるタイトルどおりハッピーなミディアム・ナンバー。メンバーが所属するユニット”COLOR””RATHER UNIQUE”のメンバーも集まり”EXILES”として、幸せいっぱいに大団円を迎えています。


という事でですね、序盤と終盤はポップ路線、そして中盤はブラック路線という位置づけは確実に存在しているはずなのですが、今ひとつそれらの意図するものを理解し兼ねるというか、てか彼ら自体ほんと何をしたいのか方向性があやふやにされてて、困惑してしまいます
SHUNもやっぱ困惑したのかもねぇ今の状況に。

⑤⑥なんかは、シングルレビューの際に酷評した⑬と同様で、とにかく二番煎じ・・・どころか五番煎じぐらいな印象しか持てませんでした。レビューする気にもならない感じ。『ありがとう』『おめでとう』『前向きに行こう!』・・・ハァ。

T.Kura&michicoは②⑦⑩⑪と、今作ではえらい働きましたがさすが技巧派、普段どおりの仕事ぶりでъ(゚Д゚)グッジョブ!!って感じです。が、いかんせんこのアルバムでは逆に浮いてしまっている印象ですねぇ・・・。今度は是非COLORの方でイパーイ提供してあげてください^-^;

といった感じで、見事なぐらいに相殺をしてしまった残念でちょっぴり痛々しいアルバムです・・。

★★★★★★★☆☆☆


EXILE 公式ページ

アルバム 全曲試聴コーナー(6月下旬まで)


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   


これを受けまして、近日中に『T.Kura&michico楽曲』特集をうpしたいと思います(*′ェ`*)ポッ
スポンサーサイト

音楽性の違いで抜ける、ということは仕方がないことなのかもしれませんね・・

ざんねんですが。

彼らは2メインボーカルがウリだっただけに
新メンバー、入れるのでしょうかね?
[ 2006/03/29 10:18 ] [ 編集 ]

SHUN脱退に釣られまして、初めてEXILEのオリジナルアルバムを買ってみました。
T.Kura&michico夫妻はさすがだな~と思ったし、
FATMAN SCOOPの声が出てきた時、
一瞬誰のアルバム聴いてんのかわかんなくなりましたw
「Eastern Boyz 'N Eastern Girlz」のPVは
お食事時はなるべく避けたほうがいいですねw
[ 2006/03/29 10:19 ] [ 編集 ]

>>eMoonさん

そーですねぇ。これからはATSUSHI一人でこれまでの曲をすべて歌っていくのかと思うと大変そうですしね。前々からささやかれていた新メンバーが本当に入っちゃうかもしれない・・。
[ 2006/03/29 18:35 ] [ 編集 ]

>>ピタさん

FATMAN SCOOPを起用した曲にEXILEが参加していたらそれこそ濃すぎて食われてたかもしれないですねw

『Eastern・・・』のPVは、個性的ではあるんですけど、やぱ気持ち悪いですね・・。 ぁ
[ 2006/03/29 18:38 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございました
<(_ _)>
SHUNさんの脱退に驚きました。
去年ライブに行き感動して、また行きたいと思っていたのにショックでした。
このアルバムは大きな節目の一枚になりそうですね。
大切に聴きたいと思います。
[ 2006/03/29 22:59 ] [ 編集 ]

>>ららさん

いえいえーこちらこそコメントありがとうございます。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ
おーライブ行かれたんですかぁ生で味わわれた分余計にショックでしょうねぇ・・。 
これからは清木場俊介として、自分の好きな音楽を追求していってほしいと切に願いたいと思います。
[ 2006/03/30 00:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/173-9c0bd409








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。