スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#03 『T.Kura&michico楽曲』特集・Vol.1 

29日発売のEXILEのニューアルバム『ASIA』の収録曲、そして5月の安室奈美恵のニューシングル発売と、立て続けに話題となった作品のプロデュースを担当しているのが、J-HIP HOP/R&B界の名クリエイターT.Kuraとmichico

もう皆さんご承知かとは思いますがこの二人は夫婦であり、その息の合ったコラボレーションから生まれるエレガントで高級感のある楽曲は、たくさんのリスナーからの定評があります。
何よりも楽曲の世界観を大事にされており、彼らの手掛ける楽曲はまず外れがありません。

今回は、そんな彼らの手掛けた膨大なる数の楽曲の中から、日本のアーティストが唄う楽曲17曲を大きく取り上げたいと思います!最近、あらためて二人の手掛けた楽曲を集めてアルバム感覚で聴いているんですが、 ほんといつ聴いても瑞々しいです。尚、アーティスト・michicoの楽曲はまた別の機会に^-^

てか、色々書いてたら長くなってしまったので、今回はVol.1とVol.2に分けて小出しにしたいと思います。実際に見てみたらダラダラしてて見る気なくしたのと、まだ出来上がってないところもあるので。どうぞ休み休み見てください^-^;

では、まずはVol.1どぞー。

After The Rain:AI  作詞AI 作曲:AI,T.Kura,michico
  まずはAIの4thシングル。
心を安らかにさせる、ストレートなラブ・ソング。夫妻の作るAIのトラックは、温かく、そして優しくなれるものが多いですよね。AIのヴォーカルやリリックともよくマッチしてる希ガス。もちろんゴリゴリ・バキバキのも全然イケますがw 
その他の彼女の楽曲では、威圧感ある『If』、聴く度に涙しそうな珠玉のラブ・スロー『Sha La La』、ビートに圧倒的なキレがある『100%』などを手掛けています。
HIPHOP☆STAR:SPHERE of INFLUENCE  作詞:SPHERE of INFLUENCE,JAMOSA,LAN 作曲:SPHERE of INFLUENCE,TKura,JAMOA,LAN
SPHERE of INFLUENCE/HIPHOP☆STAR ZEEBRAの実弟である彼の楽曲。
↑で紹介しtらAIの『100%』のトラックに似た、前のめり気味な音使いがいかにもT.Kuraらしい、ハーコーHIP HOPチューン。T.Kuraがトラックを担当、feat.にはJAY'EDやDef Techとの共演でも話題を呼んだ女性シンガー・JAMOSAを起用しています。
STAY:EXILE  作詞:michico 作曲:michico,T.Kura
EXILEの大ヒットベストアルバムの唯一の新曲として収録されていたナンバー。
楽曲の全体から哀愁が滲み上がるミディアムR&B。
EXILEの前身・J Soul Brothersの頃から夫妻(特にT.Kura)とは親交の深かった彼らなので、もうだいぶ長い付き合いになります。それにしても、EXILEのアルバム楽曲のPVは毎回夫妻作の楽曲なんだよなぁ(・∀・)イイ!! (New Jack Swing,STAY,Eastern Boyz 'N Eastern Girlz)
Believe Yourself:露崎春女  作詞:Harumi 作曲:T.Kura
 Believe Yourself 現・Lyricoとして活動している彼女の1998年のシングル曲。
割かしオーソドックスなR&Bトラックながらも、言い方を変えればLyricoのパワフルなヴォーカル力に適した、いい意味で謙虚なトラックと言えます。'98年といえば日本では丁度、MISIAが”R&Bアーティスト”と称され世間で騒がれ始めた頃。その時点で、もうこんな楽曲を生産して唄っていたのかと思うと、なんかいい意味での寒気がするわ・・・。michicoもバック・ヴォーカルとして参加しています。
So Tell Me:Heartsdales  作詞:VERBAL,Heartsdales 作曲:michico,T.Kura,VERBAL
  Rumよりはエミとして、Jewelesよりはユミとしての方がまだ印象強かった彼女らのデビュー時。そんな幕開けの楽曲にも彼らは関与していました。ご存知m-floのVERBALプロデュース・共作ながらも、夫妻は作曲を担当。
エッジの効いたまさに夫妻が息づくトラックと、現在とは違い、ライムにある程度気を配った洗脳型リリックとのタッグで、間違いなくヤラれます。
Big Butt,G-Cup:L.L.Brothers (アルバム『BACK AGAIN』収録)  作詞:L.L.Brothers 作曲:L.L.Brothers,T.Kura

BACK AGAIN

夫妻とは長い付き合いになる弟的存在の彼らのアルバムの中に収録されているナンバー。本家・Lil Jonの生産するものに充分匹敵する光沢感あるCrunk&Bを惜しげもなく披露、L.L.のそれこそLilを真似たようなシャウトさえあざとく感じさせない本格ワールドです。夫妻はこのアルバムではこのナンバーの他に、珠玉のラブ・スロー『Forever』、華麗なアッパー『Let's Go』などをプロデュース。夫妻の彼らへの”愛情”がなければなかなかここまで協調性に満ちたアルバムは作れません。
Grind For Me:CHEMISTRY (アルバム『fo(u)r』収録)  作詞:michico 作曲:T.Kura
  今や人気もすっかり落ち着いてしまった彼らも、最新アルバムにて夫妻とのコラボレーションが実現。↑でご紹介した露崎春女の『Believe Yourself』の流れを若干汲んだようにも思えるしなやかなミディアム。従来の彼らの流れに嵌り切っていたヴォーカル・アレンジとはまったく違う、未開拓ルートを切り拓いて彼らに提供した夫妻に乾杯。
Two Timing feat.BIG-O&DABO:Tyler (アルバム『Majesty』収録)  作詞:michico,BIG-O,DABO  作曲:DJ WATARAI,michico
  1999年デビューの女性ソロヴォーカリストのミニ・アルバム収録の1曲。
日本のFat Joe・SHAKKAZOMBIEのBIG-OとDABOという、日本を代表するラッパーをダブル・フィーチャリングした贅沢な1曲。テーマはズバリ”二股♥”。
主人公はジレンマに駆られながらも、結局どちらか一人を選びきれず、二人ともとこのまま関係を続けていこうという決断を下します。日本臭い劇的でドロドロな世界観と、それを潤滑に演出するミステリアスなトラックがたまりません。
Girl's Night:Crystal Kay  作詞:Emi K.Lynn 作曲:michico,T.Kura
 GIRL’S NIGHT Vol.1ラストは、今やトップアーティストの仲間入りを果たした彼女の5thシングル。夫妻の名が日本のブラック・シーンそして、リスナーに注目されるようになったのは、2001年の彼女のアルバム『637』への楽曲プロデュースが切欠だと言われています。その所為か、クリケイ×夫妻の楽曲を望む声は常に後を絶たないですよね。そのアルバムの中にも収録されているこの楽曲。男タブーの”女同士の会合”がテーマになっており、トラックの溢れんばかりのキラキラ感とともに、後に夫妻がプロデュースする安室奈美恵の『GIRL TALK』へと受け継がれています。変則的なトラックも実に奥深い。今でも一日に1回聴かないと気が治まらないぐらいの俺の中の名曲 of 名曲ですw
その他夫妻は、当時のR&Bの流れをそのまま背負い込んだようなディープなR&B『Hide'n'Seek』、胸に切なさが溢れ止まらない『think of U』、ポップに傾倒しすぎてしまっていた4thアルバムで一際輝いていた『What Time Is It』など、これまで数多くのクリケイ作品を手掛けてきています。


という事で、Vol.1終了ですー。Vol.2は明日中にはうp出来ると思います。^-^ノシ

スポンサーサイト
[ 2006/04/09 20:52 ] 特集 | TB(0) | CM(6)

ほんとスバラシイよね!この夫婦は!!
安室ちゃんもいいけど、クリちゃんとの組み合わせも最強だよね~!
クリちゃんのアルバムも健くんのオススメ以来聴いてるけど、4thはポップだって聴いてたけどキャッチーなだけでちゃんとR&Bしてたね♪
結構…とゆーか、カナリ好きだったよ!(^^)
リリコ姐さんは歌うまいと思ったらやっぱ歌手だったのか!
初めて知った(^^;)
[ 2006/04/10 16:27 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

だねぇー(*′ェ`*)ポッ
4thは夫妻の楽曲1曲あるかないかで凄く空気が変わってくると思うわぁ。なんかいい意味で浮いてるのよねあの場でw

あら、でもLyricoさんが歌い手と知らなかったって事は、ほかになんか副業の時に見かけたってことかな?他の顔があったとは・・w
[ 2006/04/10 20:52 ] [ 編集 ]

リリコって王様のブランチの映画コーナーに出てるケバイ姐さんじゃないの??
勘違いしてるかも??(^^;)
[ 2006/04/11 23:21 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

おーなんかコメントいっぱい<(_ _*)> アリガトォ!
俺のとこ王様のブランチ映らんのよねぇ・・・ってことで検索してみたらLyricoじゃなくてLiLiCoって人みたいやね!だから人違いやね^-^
[ 2006/04/12 00:43 ] [ 編集 ]

コメント書きたいネタばっかだったからいっぱいになっちゃった(^^;)
別人か~、失礼しやしたm(_ _)m
ってか俺が調べれば良かったのにね(^^;)
[ 2006/04/12 17:20 ] [ 編集 ]

>>ポニーさん

そかそかぁw <(_ _*)> アリガトォ
いやいやいいさ^-^
俺も別人って分かったしねw
[ 2006/04/13 16:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/163-5663196c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。