スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『4 FORCE』 Every Little Thing 

声が違う~ 髪が違う~曲が違う~メンバーが違~う~(イミテイションゴールド風)

4 FORCE


という事で、Every Little Thingの4thアルバム『4 FORCE』(01.03.22発売)。

タイトルの読み方は『フォース』。お分かりのとおり、4thアルバムの『4th(フォース)』と、このアルバムのコンセプトにもなっている逞しさなどの意味を持つ『FORCE(フォース)』とをかけております。

あいのり主題歌『fragile』が大ヒットした直後のアルバムで、シングルでは『愛のカケラ』『fragile/JIRENMA』『Graceful World』を収録。全曲の作詞を持田香織が担当、更に作曲にも何曲か挑んでいます。そしてなんといっても、2000年までELTに在籍していた五十嵐充が抜けて初となるアルバムなんですよねぇ。そして、歌い方が著しく変わる前の第1期持田香織の遺さk・・・ら、ラストアルバムになってます^-^;

ELTのアルバムは今のところ毎回購入しているんですが、個人的にはこのアルバムが一番好きですね。


収録曲(シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1.Graceful World
2.JIRENMA(Album Mix)
3.愛のカケラ
4.Good for nothing
5.鮮やかなもの
6.sweetaholic girl
7.Home Sweet Home
8.fragile
9.No limit
10.force of heart
11.One


主な収録曲を追っていくと、
まさにこのアルバムのOPに相応しい勇ましさに満ち溢れた前向きなナンバー①『Graceful World』
『fragile』の両A面、”五十嵐ポップ”を華麗に踏襲したといっても過言ではないクリアーなアッパー②『JIRENMA(Album Mix)』
持田の等身大な歌詞に共鳴してしまう、スムーズな歌いまわしもGoodなバラード③『愛のカケラ』
シングル曲の流れをぶった切るのは、持田作詞作曲のシャープなポップ・ロック④『Good for nothing』
このアルバム1のオススメ、今にも弾け飛んでしまいそうに何かを押し込めた低音のA・Bメロから、自分の感情をありのままに吐露するサビへと繋がる、歌詞・楽曲ともにドラマチックなスロー⑤『鮮やかなもの』
持田作曲第2弾、実際にお菓子を食べながら作ったという、女の子らしい瑞々しいポップ感溢れるスイーツ・チューン⑥『sweetaholic girl』
『あいのり』主題歌で一躍脚光を浴び大ヒット、更にはキャッチーなメロディーラインが受けカラオケでも大ブームとなった、ダイレクトな言葉たちで綴る名ラブ・バラード⑧『fragile』
”天使”が登場するファンタジックな歌詞が印象的な、本当に空を飛んでいるような不思議な感覚になれるアレンジも秀逸の⑨『No limit』
ラストは、自分の中にある汚いものすべてを洗いざらい浄化していくような持田の凛とした歌い回しが不意に涙を誘うD・A・I作曲の神秘的なバラード⑪『One』まで、


11曲という楽曲自体の少なさをまったく感じさせないボリューム感・バラエティ感があり、聴くものを一瞬たりとも飽きさせません
特にバラードは全曲秀逸。③⑧のシングル曲、⑤⑪の新録曲と、それぞれまったく違ったアプローチの仕方なので、リスナーの耳、そして心にはどの曲もすんなり沁み入っていく事でしょう。

五十嵐プロデュース時代の軽快なポップをベースにして、ロックや上記のようなバラードなど、ELT節は、彼が抜けたこの作品でも変わらず炸裂、健在しています。

しかしそれと同時に、今の彼らの音楽スタンスでアルバム作ったら、それこそアコースティック気味なスローナンバーばっかりに偏ったりしないかなぁと少しばかり不安になった木津なのでありました・・・。

★★★★★★★★☆☆


Every Little Thing 公式ページ


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   
スポンサーサイト

イガチャソが抜けた後の不安を吹き飛ばしてくれる快作でした。
(でも、その後に出した「jump」で…Σ(゚Д゚)!!!!)

このアルバムを出した年の年末にやったカウントダウンLIVEのタイトルが
次の年の干支と『4 FORCE』に引っ掛けて
『HORSE』ってタイトルだったのが可笑しかった(´∀`)
[ 2006/03/17 16:06 ] [ 編集 ]

>>ピタさん

ですねぇ^-^
『jump』はほんと衝撃的でした。
今までの流れを思いっきり無視してくれましたしねぇ。てか売上落ちたのって明らかに持田の唄いまわしの変化が大きく影響してるような・・・。

『HORSE』だったんすかw c⌒っ゚д゚)っφ メモメモ... とことん遊びますねw
[ 2006/03/18 02:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/141-959096d1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。