スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『affection』 倖田來未 

ひとまず、コーダさんベスト初動98万枚おめー(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチいやぁ売れるとは思ってたけど、いうても12週の寄せ集めやし爆発的には売れないだろうなぁと踏んでて。でも見てのとおり、もんのすごいスタートダッシュをきりました。これで倖田來未が如何に今、流行の最先端に立っているのかっていうのを身をもって知らされました。そしてそれと同時に、浜崎さんの元日発売のニューアルバム『(miss)understood』の累計売上をたった1週ぽっちで抜いてしまって、早くも今年の暫定1位に。当のハマさんは立場ないだろうなぁ。プライドズタズタそうww



と、色々と裏事情を妄想せずにはいられない今回の売上ですが、今回はそんな彼女の軌跡を振り返ろうという事で、記念すべき1stアルバムをレビューしてみようかな、と思います。てかこれ以降も、新譜以外のアルバム・シングルも、時々レビューをかましていこうかなと思っております。
よろしこです^-^

affection (CCCD)
affection:倖田來未 (02.03.27)

収録曲 (シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1. atomic energy
2. Trust Your Love
3. Go Together
4. Your Song
5. feel me
6. COLOR OF SOUL
7. Best Friend Of Mine
8. My Dream
9. So Into You
10. Till Morning Comes featuring VERBAL (m-flo)
11. come back
12. TAKE BACK
13. Can't Lose
14. walk


主な収録曲を追っていくと、
この楽曲のRemix Verが、全米ビルボード・チャートのダンス・チャート1位を記録したという輝かしい記録を持つ本格派ダンス・ナンバーの2ndシングル②『Trust Your Love』
今や倖田來未の代表的楽曲へと上り詰めた3rdアルバムの『Rain』を彷彿させるR&Bタッチのバラード④『Your Song』
この時分の彼女が得意としていたミステリアスな楽曲の内のひとつ、大人びた歌詞がリスナーを唸らせる⑤『feel me』
3rdシングル、当時よくタッグを組んでいたヒット・メイカー菊池一仁が作曲、PVのコーダさんが、思わず伏し目がちになってしまうほどポッチャリ膨れ上がっているナチュラルなアッパー⑥『COLOR OF SOUL』
伴奏なしでアカペラに挑戦した、このアルバムの中でキラリ☆と光る意欲作⑦『Best Friend Of Mine』
4thシングル、当時よく観ていた番組『JAPAN COUNT DOWN』のOPテーマだった所為か、PVともに彼女の楽曲の中でダントツにお気に入りな、サビでの彼女の声の張り上げ方が癖になるパワフル・アッパー⑨『So Into You』
m-floのVERBALが参加、彼のスキルフル回転の高速フロウと艶っぽいコーダさんの歌いまわしが最高にドープな⑩『Till Morning Comes featuring VERBAL』
ラスト付近の独特のこぶし回しが堪らない、スマートなトラックながら、それに准じずに伸び伸びと歌う彼女が目に立つ記念すべきデビュー曲⑫『TAKE BACK』
劇的な歌詞が、同じく展開著しいトラックに上手く馴染んでいるシリアス・アッパー⑬『Can't Lose』
Liveでのシメといえばこれ、歌う事に対してのその一途な心情を等身大に綴った歌詞が数多くのリスナーの共感を呼んでいる希望に満ち溢れたバラード⑭『walk』まで、


全体的にハードで黒っぽい仕上がりに。コンスタントに挟まっているスローナンバーが、前後にあるダンサブル・ナンバーで上がりきったテンションをふと落ち着かせてくれて(・∀・)イイ!!です。
とても1stとは思えないほどの凛々しい歌いっぷりに、このアルバムを初めて聴いた時は脱帽しました。てかこうして改めて振り返ってみると、如何に自分がコアな部分のフェチであるかという事が露呈してしまって、自分でもちょっと苦笑気味でした。
『TAKE BACK』のラスト然り、『So Into You』の歌いまわし然り。

そしてこの頃から妙に堂々とした艶かしさがあり、今の彼女の決定的要素となっている”エロやセクシーさ”の基盤が、この時点から既に構築され始めていたんだなぁとも思わされます。

★★★★★★★★☆☆


そういや、公式リニューアルされてますねぇ。個人的にはかなり見辛いっす^-^;
倖田來未 公式ページ



ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   
スポンサーサイト

公式、前の方が良かったな…。

このアルバムは、最近ファンになった人に是非聴いてもらいたいですね~。
個人的に初期の方が好きな曲が多いので…。
[ 2006/03/14 10:47 ] [ 編集 ]

ブログにコメントありがとうございます!これからちょくちょく来ますね。よろしくお願いします!
[ 2006/03/14 15:05 ] [ 編集 ]

倖田來未…

Rainの頃の曲はみんなよかったな~。聞くたび涙出ましたもん。♪こんな愛しかたしかできなくてごめんねー♪……(つд;*)
今もあのキャラじゃなく、声が好きなんだけど、流されてる感があり少し悲しい。もちろんアルバムは買うんですけどね。
[ 2006/03/14 18:35 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>>ピタさん
ですねぇ。別窓開くし、PCが元々重い俺にしてはかなり不都合です。
俺も彼女の楽曲は初期から中期にかけて好きなのが多いので、同じ気持ちですねぇ。この頃はシングル1枚1枚とっても抜かりがないですし。


>>涼太さん
いえいえーこちらこそコメありがとうです!こちらこそよろしくしてくださいね♪


>>ミサトさん
『Rain』は今や誰もが認める名曲に成り上がりましたよねぇ。彼女独特のハスキーな歌声が大活躍してますよねw
俺も今も全然まだ好きな域ではあるんですけど、細かいビジュアル面が結構鼻につく感じです(;´∀`)
[ 2006/03/14 21:56 ] [ 編集 ]

懐かしい!!(笑)

このNews、今日の朝見ました!!
すごいですよね!!
時代はまさに倖田來未なんだなぁ~☆って思えましたね(←遅い!!)
最近はビジュアル面ばっかり先に出てきてますが、楽曲はいーですよね^-^
1stアルバム好きでしたよ♪特に「Till Morning Comes featuring VERBAL」(笑)

まぁ、これで次はどんな手法!?を使うのか楽しみです^-^
[ 2006/03/14 22:09 ] [ 編集 ]

えっと…

この特大ヒットのニュースかなり
驚きました。あんだけ買わないといってた自分も買ったくらいなので、売れるだろうなと思ってましたが
98万枚って…。ダブルミリオン狙える初動ですよね。ちょっと気持ち悪い数字ですねv-12。でもやっぱり皆さんと同じく初期の曲のほうが、丁寧に作られてていいなぁとは思います。今旬だけど、まだまだエイベにしぼりとられそう。こないだはMステで露骨に口パクしててちょっとひきました…。
[ 2006/03/15 00:17 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>>はぬるさん
ですよねぇ。まさかここまで、とは!
この時代の波がどこまで続くかに注目してしまいますw
1stの頃は、彼女の根底にある音楽性がよく生かされたアルバムですよね!良曲ばかりです^-^


>>hirocksさん
ですよねぇ。同じく。
来週もそこまで失速しなければ、ダブルミリオンも十分射程圏内に入ってくると思います。ただ1週目82万枚とぶっとばしておいて、累計が100万枚ちょっという伝説を残した方もいますんで、まだ何とも言えないかもですねぇ。。

avexはやるとなったらとことんやる組織ですし、これからも消費者を上手く手玉にとったような売上戦略を展開していくんでしょうねぇ・・。そう思うと反吐が出ます。
Mステの口パクは俺も思いました。しかも歌いだしからいきなりだったので、一瞬唖然となってしまいましたw^-^;
[ 2006/03/15 02:25 ] [ 編集 ]

v-5健さん

くうチャン、この頃が良かったな^^
初期のくうちゃん好きでこのアルバム速攻買った覚えがあります。

前通ってた娘のダンスの先生へ紹介したらレッスンや発表会のナンバーに使ってくれてました。

セカンドアルバムもオススメです。
[ 2006/03/15 23:07 ] [ 編集 ]

>>tibikkoさん

だーねー。
今とは違ったよさがありますよね!
おーじゃあやっぱそのダンスの先生も良さを分かってくれたってことなんですねw

俺も1stと2ndなら2ndの方がすきっすね!また機会あればレビュらせてもらいますねw
[ 2006/03/16 05:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/135-123d9931








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。