スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ALIVE』 SOUL'd OUT 

ちょwwwwwwww




という事で、SOUL'd OUTのニューアルバム『ALIVE』(3月8日発売)。

前アルバムからおよそ1年1ヶ月ぶりとなる通産3枚目のアルバム。
既発のシングル曲『イルカ』『ALIVE』『TOKYO通信~Urbs Communication~』ももちろん収録。

Diggy-Mo'の独特なメロディー・フロウとBro.Hiの弾丸フロウを武器に、毎回様々な音楽を取り入れ新しい世界観を生み出してきた彼ら、しかし今作は、前2作とはどうも違った趣なんです。


収録曲(シングルはオレンジ・カップリングは緑・注目曲は赤・シングルかつ注目曲はピンクで表示しています。)

1. DEEP SPACE(Intro)
2. ALIVE
3. TOKYO通信~Urbs Communication~
4. Pop n’ Top
5. Dressing Room(Interlude)
6. Catwalk
7. DD弾[改]
8. バナナスプリット
9. SHUFFLE DAYZ
10. A spacious Floor
11. Sick
12. FIRE RHYMER
13. イルカ
14. Morning(Outro)


主な収録曲を追っていくと、
今回アルバムタイトルにもなった、『ピュァッピュァッピュァッピュァッ』なリアル・リリックが飛び交うナンバー
②『ALIVE』
今思えば『ALIVE』と繋がっているようにも受け取れる地下サウンドとキャッチーなメロディに痺れる③『TOKYO通信~Urbs Communication~』
彼らとしては珍しいドライめなトラック、そしてラスト付近の『ポピニトピニポピニトピニ・・・』では、Diggy-が笑ってバランスを崩す箇所もあったりと、そういう面でもなかなか聴くことの出来ない全英語詞チューン④『Pop'n Top』
Diggyのメロウな節回しが映えるスマートでロッキーなアップ・チューン⑥『Catwalk』
場面が次々と変わるのに初めこそついていけなかったものの、すぐにその世界に飲まれていくのが分かった、Hookが彼らにしては記録的に爽やかな7分を超える長編⑧『バナナスプリット』
フラット・フロウなVerseから、Diggyの問いかけるようなフロウに瞬間ドキッとするHookへと展開していく⑧に引けをとらないユーモラスな⑪『Sick』
その名のとおり、彼らの醍醐味”高速ラップ”が最大限にフィーチャーされた楽曲、特に”Bro.Hiスゲー!”と思わず声を漏らしてしまった最強にハーコーなロック・チューン⑫『FIRE RHYMER』
スムージーで可愛らしいトラックと、胸毛モジャモジャな男性登場のPVが印象深かったポップ⑬『イルカ』
そしてラストは、このアルバムで一通り突っ走ってきた自分の”休憩所”的な役割を果たしているインスト、これタイトル見る前に聴いて、”すんげぇ夕暮れの浜辺っぽいイメージー☆”とか一人で思ってたら夕方ではなく”朝方”だったというなんだか個人的に悔しいチルアウト・チューン⑭『Morning(Outro)』まで、


とにかく聴いてみての感想・・・


Diggy-Mo''はしゃぎすぎwwwwwww


すんごく楽しんでフロウしてるなーっていうのをすぐさまリスナーに感付かせるポップで表情豊かな声・フロウは、今回一段と洗練されてますわー。

そして、前2作とは一目瞭然に違う、いい意味でまとまりのない楽曲たちがポイントかと。
ポップをはじめ、ロックやハウス、そしてもちろんスタンダードなHIP HOP/R&Bまで、前2作よりも一段とメリハリがついて、個性が際立った楽曲が軒を連ねていました。

彼らを楽しむんなら、間違いなく1st・2ndを薦めますけど、彼らを”味わう”のなら、間違いなくこの3rdだなぁとなぜか感慨深げに思った木津健なのでした。

★★★★★★★★☆☆


SOUL'd OUT 公式ページ(全曲試聴できます)

スポンサーサイト

トラックバックありがとうございました。

音楽はそんなに詳しくないので、読ませてもらって色々参考になりましたー。
何気に1stみたいなアルバムもまた聞きたいなとか思ってます。
[ 2006/03/10 19:38 ] [ 編集 ]

>>ナツメさん

いえいえーこちらこそコメント&TBありがとうございます(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

そうなんですかーお役に立てたようで有難い限りっす!

1stはなかなかの名盤でしたよねぇ。
早くも次回作に期待がかかりますよね^-^
[ 2006/03/10 21:42 ] [ 編集 ]

SOUL'd OUT、わたしすきです。
[ 2006/03/24 19:21 ] [ 編集 ]

>>eMoonさん

いいっすねー^-^
やっぱりeMoonさんとは気が合いそうですw
[ 2006/03/25 00:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/02 03:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/122-085a449c


●ALIVE(SOUL'd OUT)

SOUL'd OUT4thアルバム。あれ?3rdだっけ。サードっちでも別にいいや。このしょうもないダジャレのために3rdってわかっていながらわざわざ4thを出しました。ところで、僕、あの、なんていいますか、これ言うと引かれるかもなんですが、芸人とかグループとかの、メンバー内の
[2006/03/10 14:44] URL なるほど人間

SOUL'd OUT

SOUL'd OUTのnewアルバムを入手。彼らの存在は2005.01.01発売の To All Tha Dreamers から知りました。2005年の年明け、最初に買ったCDがこれでした。かなりすき。
[2006/03/26 23:37] URL e_Moon´s blog






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。