スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『太陽の下』 レミオロメン 

さてさて、今日の内に今週発売のシングルレビューの書きたい分を済ませちゃいます。 ①

太陽の下 (初回限定盤)
太陽の下 (初回限定盤)
posted with amazlet on 06.03.04
レミオロメン 藤巻亮太 小林武史
ビクターエンタテインメント (2006/03/01)


という事でレミオロメンのニューシングル『太陽の下』(3月1日発売)。


前作『粉雪』が、ドラマ挿入歌として大ヒットを記録、'05~'06の冬の顔になった彼らですが、それから約4ヶ月ぶりのニューシングル。思ったよりも短いブランクで発売してきました。


タイトル曲は、前作に対して、今度は"春”らしい生温い風が楽曲全体に流れてるように感じる穏やかなディアム・ナンバー。メロディーには切な系の要素をふんだんに盛り込み、まさに春版『粉雪』


んー悪くない・・・。でも曲調・世界観なんかからどうしても『粉雪』と比較してしまいます。無難にとどめてきたというか。

『粉雪』がヒットして脳裏にもしっかりと刻み込まれてるもんで、なかなかこの呪縛から逃げる事が出来ない人、俺以外にも結構いそうですねぇ。。。


Vo.の歌い回しが前作以上にダイレクトに響いてきたのはかなり◎でした。



カップリングの『チャイム』の方は、晴天の麗らかな春日が思い起こされる、彼ららしい活気あるナンバー

個人的にはこっちの方がすんなり聴けました。 何故か『カルピス』のCMタイアップに合いそうな曲だぁと思いましたw


★★★★★★★☆☆☆



レミオロメン 公式ページ

ブログランキングにも参加してみました。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

 

  

スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/117-72a78e55








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。