スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『Call Me』 DOUBLE 

この方のエロカッコよさは、俺の中では倖田來未を軽く上回ります。


Call me(DVD付)
Call me(DVD付)
posted with amazlet on 06.03.02
DOUBLE TAKAKO Deacon Smith One Up Productions Kangol Kid DJ Mitsu the Beats
フォーライフミュージックエンタテインメント (2006/03/01)



という事で、DOUBLEのニューシングル『Call Me』(3月1日発売)。


前作『Rock The Party』でひっさびさに作品をリリースし、”R&Bシンガー・DOUBLE"を遂に再始動させた彼女。そんな前作から約3ヶ月ぶりのニューシングル。


今作は、前作のレゲトンやサルサを取り入れた新境地のような楽曲ではなく、非常にディープでドープな原点回帰ともいえる本格R&Bに仕上がっており、『彼女のこういう楽曲を待っていた!』っていう人は、決して少ないと思います。


いかにもフロア向けな熱を帯びたトラックに、TAKAKOの湿っぽいセクシーヴォイスが絡まりあい、をあっという間に空気を”大人の空間”に演出してくれます。


そして今回はリリックが個人的に好きで、タイトルどおり『もしSingle=一人身なら電話してね♥』と、TAKAKO嬢が歌っているのですが、実際彼女にそう言われた男は瞬殺だと思いますねw PV観ていただいたら分かるんですけど、”大人のフェロモン”プンプンですわぁーヤバヤバ。実はあまり彼女のビジュアル自体は好きではないんですけど、醸し出しているオーラというか、それだけで見事にやられてしまいました。


そしてHookの部分。従来の彼女の楽曲のほとんどは、Hookのメインとなるメロディーラインをロー~ミドルぐらいに設定して、そこに高めのアドリブを重ねるっていうのが多かったんですけど、今作は彼女にしては珍しくメインをハイトーンのウィスパーボイスで展開しており、かなり新鮮+悩殺ものでした。彼女のシングル『handle』を彷彿させられました。


『Call Me』 PV(あくまでも個人で楽しむ範囲で、ご覧下さい。)


カップリングの『This close』、控えめな歌い回しが◎のミディアムR&B。



暑っ苦しい夏以降も聴けそうな四季順応の最強チューン、誕生のようです。


★★★★★★★★★★



DOUBLE 公式ページ(試聴できます)



ブログランキングにも参加してみました。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

  

スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/09/02 18:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ondon.blog56.fc2.com/tb.php/112-f570a4d6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。