スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レビュー盛り合わせ:2007年10月第1週 

*発売日はいずれも10月3日です。
全9作品


SUPER LOVE SONG(初回限定盤)(DVD付)



『SUPER LOVE SONG』 B'z





先日ハリウッド・ロック・ウォークに日本人として初の殿堂入りという快挙を果たした彼らの新作。
豪快なギターに終始振り回されるエモーショナルなアッパーチューン。稲葉さんの漢臭いVo.と荒削りなサウンドに力が見る見る漲りますw 近年の彼らのアップナンバーは全く外してこないですねー貫禄もムンムンだし。「SUPER LOVE SONG」というタイトルも潔くて好きですw
カップリングにはA面曲に引けを取らない痛快な全英語詞ロック『FRICTION』と、序盤のシンセピアノによる音色が妙に温かいスロー『ここから』を収録。
★★★★★★★★☆☆


永遠の詩



『永遠の詩』 中島美嘉






全シングル『LIFE』がロングヒットを記録した彼女の新作。
シングル作「火の鳥」を彷彿させる幻想的なイントロから幕を開ける緩~いラヴァーズ・ナンバーで、映画『サウスバウンド』主題歌に起用されています。ラヴァーズを歌うのはおそらく「MY SUGAR CAT」以来ですねー。今年に入ってからの正統派路線が再び定着しはじめていたので、初めて聴いたときは一瞬違和感がありましたけど、メロディーや歌い方はちゃっかり今年の流れを汲んできているので、すぐ馴染む事が出来ました。でも個人的にこういう路線の楽曲は”たまに”でいいんよなぁ・・・w カップリングには、ジャズのスタンダードナンバーを勝手にしやがれ編曲でカバーした『You'd Be So Nice To Come Home To』を収録。
★★★★★★★★☆☆


↓他レビュー、PVはコチラ↓

スポンサーサイト
[ 2007/10/09 12:30 ] シングル/2007年10月発売 | トラックバック(-) | CM(4)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。