スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『月間音楽BEST 2007年9月の巻』 

さぁて月末ということで、この企画参りましょうか~。
なんせブログ復帰後初の『月間音楽BEST』ですw

今月はいつも以上に好きな音楽を集中的に聴いてたので、らんきんぐは割とつけやすかったかな。ちなみに約4ヶ月分この企画をサボってるんですけど、一応ブログ書いてない間のランキングは自分で記録しているので、無問題・・・のはずw


☆楽曲部門☆

Fly Out(DVD付)

①Fly Out/twenty4-7
②愛のうた/倖田來未 (前月9位)
③fake star/平井堅
④ドミノ/一青窈
サヨナラの向こう側/風味堂 (前月17位)
⑥Happiness/嵐
⑦Whine Up feat.Elephant Man/Kat Deluna
⑧fiesta!fiesta!/山田優
キラメキアワー/Every Little Thing (前月2位)
⑩つないで手/一青窈
L・O・V・E・U/リア・ディゾン (前月6位)
⑫because of you/Stephanie
⑬恋のヘキサゴン/Pabo
⑭LOVE&TRUTH/YUI
⑮ポリリズム/Perfume
⑯NEXT DOOR feat.CHOZEN LEE(from FIRE BALL)/ARIA
⑰CLAP&LOVE/絢香
⑱恋人/navy&ivory
talkin' 2 myself/浜崎あゆみ (前月同位)
⑳24 karats -type EX-/Sowelu,EXILE,DOBERMAN INC

①インストアにも行ったりと、この月は彼女らと共に歩んだ月でしたw
②何だかんだで彼女は俺のランキングでは強いw
③これからもこういう路線の曲出してね(・∀・)ニヤニヤ
④A面よりこっちの方が断然好きな俺。
⑤先月より大幅ランクアップ。彼らのバラードはほんまによかー。
⑥相変わらずキャッチー路線の楽曲ですが、それにまんまとヤラれてしまいましたw
⑦ワーイナーワーイナー♪(ノ´∀`*)
⑧9月の上旬で一気にポイントを稼ぎました。
⑨依然強し。次のシングルはあらゆる要素で力の入れようがすげぇw
⑩肌寒くなってきた今の時期にピッタリ☆
⑪アルバム効果で先月に続いてよく聴いてました。
⑫MISIAほどではないけど、彼女の声域には脱帽。
⑬楽曲部門でハロプロメンツ関連がランクインするのって、俺としては相当珍しいw
⑭結構な頻度で聴いてますけど、上位に押し出されてTOP10圏外って印象。
⑮また「スイート・ドーナッツ」みたいな曲出してやぁぁ(・∀・)ニヤニヤ
⑯2ndアルバムの発売が決定したぜ(´Д` )イェイェイェァ
⑰こういう路線でも違和感が不思議となかった。
⑱来月のインストア行きたいなぁ・・・。
⑲まぁそれなりに聴いてましたよはいww
⑳豪華メンツ集めた割に、あんまハマらんかった。


アルバム部門からは、続きをどうぞ!
↓↓↓

スポンサーサイト
[ 2007/09/30 17:10 ] 月間音楽BEST・音丼屋大賞 | トラックバック(-) | CM(4)

月間音楽BEST 2007年5月の巻 

どもー最近万引き犯を捕まえたケンイチです(*ノ∀`*)ペチッ ぁ
今回は、先月分の俺の「月間音楽BEST」を発表したいと思います!
「月間音楽BEST」の詳細については、ブログ検索で「月間音楽BEST」と検索してみてね♪(かなり手抜きですません(;´Д`))

(先月よりランク上昇のものは赤、下落のものは青で着色)

楽曲部門

SUMMER TIME LOVE (DVD付)
SUMMER TIME LOVE/EXILE
②Luxury ride feat.ZEEBRA/Foxxi misQ
③Makes Me Wonder/Maroon5
GOING MY WAY ~Peach John Mix~/twenty4-7
⑤tomorrow/LISA
⑥(Åh) När Ni Tar Saken I Egna Händer/After Dark
⑦あなたのそばで/Crystal Kay
⑧明日晴れるかな/桑田佳祐
Girlfriend/Avril Lavigne
⑩さくら/高野健一
⑪かけがえのない詩/mihimaru GT
NEW DAY/田中ロウマ
⑬Umbrella feat.Jay-Z/Rihanna
⑭O'kay/日之内エミ
⑮eyes to eyes/AYUSE KOZUE
⑯I CRY/twenty4-7
⑰My Girl feat.COLOR/加藤ミリヤ
⑱Earth Intruders/Bjork
⑲内秘心書/ONE OK ROCK
⑳everyhome/鬼束ちひろ


先々月まで狂ったように聴いていたGiant Swingと安室ちゃん新曲がこぞって圏外へ。
①爽やかな曲調は、外で聴くのにピッタリ!歌詞とTAKAHIROの歌唱はこの際無視です。
②今月末のアルバムへの期待が一気に高まりました!
③現My待ちうた☆邦楽ジャンキーの同級生にもちゃっかり推薦(*ノ∀`*)ペチッ
④一筋縄でいかない細やかなビートが最高!
⑤こういう曲調も悪くないわー。ただベストは買うかビミョw
⑥ニコニコ動画で話題沸騰の「オ●ニーの歌」ですw そもそも曲自体の出来が文句なしに(・∀・)イイネ!!
⑦地味ぃ~な曲やけど、俺は好きさw
⑧やっぱ桑田氏は神がかってる・・・。ミーハー腰になって聴けば尚( ・∀・)イイ!
⑨先月の首位曲はこの位置へ。
⑩そういえば、この曲のコミュの管理人やってますw よかったら皆入ってねー(・∀・)ニヤニヤ
⑪発売当初はスルーしてた1曲。こんな心温まる1曲とはねぇ。
⑫小細工なしの潔さにヤラれた!
⑬アルバム今のところビミョー('A`)
⑭ソロ復活お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!
⑮彼女も無難な作風でここにランクイン。
⑯「叶う事のな~い~この気持ち~”アァイクラァイ>(*´д`*)”♪」
⑰今週発売の新作。カヴァーやけど親しみがあります。
⑱Bjork(・∀・)イイヨー!
⑲こういう清清しいバンドを待っていた!
⑳こちらも最新。来月はもうちょい順位上がるかも!?



アルバム部門

THE WORLD
①THE WORLD/BENNIE K
②Denim/竹内まりや
CAN'T BUY MY LOVE/YUI
④Sincerely Dears/田村ゆかり
twenty4-7/twenty4-7
The Best Damn Thing/Avril Lavigne
⑦W/Full Of Harmony
⑧Because I Love It♥/Amerie
⑨Love Songs/宮川愛
⑩Life In Cartoon Motion/MIKA


①手堅い作りでした。終始心地よい~(*´д`*)ハァハァ
②円熟した歌声にはホンマ頭が下がります。
③先々月から引き続き、よく聴いてました。
④声優歌手のベスト盤。友達の影響で聴いてみれば、思った以上にヨカタ!w 世の中何があるかわからんわ・・・。
⑤先々月からランクを上げてこの位置へ。また生でみたいなぁw
⑥Mステ見逃した( ゚Д゚)ポカーン
⑦FOH新作。期待してた甲斐があった!
⑧RichがPro.から外れても全然やっていけるやんww
⑨J-POPの男性アーティストが歌うバラードをカヴァーした今作、特に「楓」が素晴らしい!
⑩今月日本盤が発売予定の男性UKシンガーのデビュー盤。70's~80'sエッセンスタップリの大衆POP/ROCK作!



月間MVP
止まっていた時計が今動き出した
ZARD
あの事件が切欠でこういう場に挙げる事に対して正直多少の抵抗があったんやけど、追悼の意味もこめて彼女に贈る事にしました。
ちなみに昨年の10月に続いて2度目のMy MVP贈与になります。
これまで数々の名曲を生んでくれた彼女のご冥福を、本当に心からお祈りします。。
あなたのことは、『きっと忘れない』、いや絶対忘れません。

[ 2007/06/02 21:40 ] 月間音楽BEST・音丼屋大賞 | トラックバック(-) | コメント(-)

参加型企画 『月間音楽BEST 2007年1月の巻』  

さてさて、今年も昨年同様、『月間音楽BEST』の方を実施していきたいと思います!
おかげさまでこの企画も、無事2年目を迎えることが出来ました。ありがとうございます~(゚∀゚)!

この企画は、その名のとおり、その月間内に自分自身の聴いた・印象深かった音楽を自由にランク付けしてみよう!という皆さん参加型企画でございます。

参加は自由で、参加資格なんぞいうものも存在しません。ルールの方は簡単ではありますが別ページに掲載しておりますので、初参加の方はまず一読ください~。 難しいことは一切ありませんよ^-^ この記事の下部分で俺が実際にその月のランキングをつけているので、それも手本にしてご自分だけのランキング作成していただければと思います!→http://www.geocities.jp/ondon777/gekkann.html


今月のお知らせ。

ランキングの受付期間は、来月7日(水)までとします。(2日から5日まで京都に行くので、記事は自動投稿に頼ることになりますが、よろですww)
基本概要に関しての告知は特になしです。年が変わったのを機にルールの改良でもしようかなと考えたんですが、考える事自体が異常に億劫になって、結局来月以降に持ち越しになりましたw  バナーは以下の文字バナーを記事に貼り付けてください。色はお任せで。

(*・ω・*)音丼屋 Presents 月間音楽BEST 2007年1月の巻 (*・ω・*)


 


では俺の『月間音楽BEST』をやりまーす!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 2007年1月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落、緑色は変動なし)



『楽曲部門』

HIROMI(初回限定盤)(DVD付)

No.1:HIROMI:柴田淳
No.2:Get Up feat.MICHICO,L.LBrothers,Warner:Giant Swing
No.3:Baby Don't Cry:安室奈美恵
No.4:Here We Go feat.VERBAL(m-flo):May J.
No.5:Come Back To Me:Vanessa Hudgens
No.6:A-L-I-V-E:Foxxi misQ
No.7:損と嘘:倉橋ヨエコ
No.8:Rolling Star:YUI
No.9:哀歌(エレジー):平井堅
No.10:サライの風:MAY

No.11:Used To Be My Girl:Brian Mcknight
No.12:Heart Drops:砂川恵理歌
No.13:Eyes on you:加藤ミリヤ
No.14:霙-mizore-:サガユウキ
No.15:Hood Boy:Fantasia
No.16:おはようSUNDAY:FONK
No.17:FALLIN':ARIA
No.18:Shortie Like Mine feat.Chris Brown,Johnta Austin:Bow Wow
No.19:きっと永遠に:Crystal Kay
No.20:声:THE BACK HORN

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今年初の1位はシバジュンが(σ・∀・)σゲッツ!! リアルな歌詞と素朴な曲調に、新年早々からヤラれました。2位には来月発売のGSの新作が。あまりにPVばっか観てるもんやから、終いにはキッチリMP3音源にしてiTunesで聴いてましたわww 3位は前作「CAN'T SLEEP・・・」が月間首位だった安室チャソ。先月の時点では、絶対安室チャソが1位やと思ったんやけど、状況がコロコロ変わりこうなりましたw 「ALTIMATE GIRLS」が2ヶ月連続首位だったFoxxi(*´д`*)ハァハァも、今作ではこの位置に初登場。今回もかなりの頻度で聴いてますけど、USの真似事トラックが足を引っ張る羽目に。その他近々シングルレビュー予定の倉橋ヨエコ⑦やARIA⑰、「BLEACH」OPテーマのYUI⑧、愛ルケ主題歌⑨、今後が楽しみな⑫⑭⑯、2位同様発売前ながらフライング登場⑬、ブラマクの円熟R&B⑪などなど。

 『アルバム部門』

ココロフィルムノート(初回限定盤)(DVD付)

No.1:ココロフィルムノート:SOFFet
No.2:Ten:Brian Mcknight
No.3:21:Omarion
No.4:V:Vanessa Hadgens
No.5:24-twenty four-:HI-D
No.6:Fantasia:Fantasia
No.7:MADE IN TWENTY(20):BoA
No.8:Black Cherry:倖田來未
No.9:Alter Ego:Tyrese
No.10:HEART:伊藤由奈


アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルバムはシングルに比べて全然聴いていなかったので、今月はTOP10で収めましたw
1位はレビューの際でもベタ褒めだったSOFFetのレコ社移籍後初のALで、これでアルバム部門でも、男性アーティストが初めて首位を飾る事となりました。何度も言いますけど、完成度高し。以下ブラマクの2位、オマルさんの3位と、男性アーティストがTOP3を占拠するという俺にしては異例の事態に見舞われた月でしたww 5位のHI-Dはまた後々レビュりますが、思ったほどの出来ではなかったのでこの位置に。発売前の期待値でなら抜群の1位なんですけどねw


『月間MVPアーティスト』



SOFFet

選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

やっぱ彼らなのかなぁと。ほんま今作で見直した!(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ 嫌味のない柔らかい音楽なので、リラックスしたい時にも重宝しました。そういやこの写真で思い出しましたけど、俺今年初頭にiPod(60GB!)紛失したっきり、まだ出てきてません_| ̄|○ まぁ幸いshuffleがあったから、外での音楽生活にさほど支障は出てないけどさー、その金額を考える度に鬱になる・・・。警察には届け出ましたが、未だに連絡ないって事はおそらくもうダメでしょうね、オワタ\(^o^)/


総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は上記のiPod紛失や、コンポの故障など、新年早々から音楽的災いに見舞われて散々だったんですけど(PCまで壊れんくてほんま良かったーと安堵しましたけど、コンポ潰れたときは、マジで近いうちにPCぶっ壊れるんちゃうかなーって、特別根拠もないのに勝手にあたふたしてましたよww)
、その分良質な音楽には思った以上にたくさん出会えて良かったです。今年も新人発掘に勤しみたいと思いますww あ、来月急に更新が途絶えたら、PC逝ったと思って・・・ ぁ

参加型企画 『年間音楽BEST 2006年の巻』 

http://ondon.blog56.fc2.com/blog-entry-566.html

さて今回は、年末参加型3大企画のラストを飾る『年間音楽BEST 2006年の巻』を開催したいとオ思います。

これは言ってしまえば、これまで毎月末に行っていた参加型規格「月間音楽BEST」の拡張版ともいえる内容で、完全なる独断と偏見によって、年間をとおしての音楽ランキングを決定して頂く、というものです。これまで各月の「月間音楽BEST」にご参加頂いていた方は今一度そのランキングを見直して、1年間を総括する意味でもランキングを作成していただきたいと思っております。もしご参加された事がない方も、是非この機会に、自分の音楽ライフを見つめ直して頂きたいなと思います。

選出部門は、楽曲のみで構成される『楽曲部門』と、アルバム作品のみで構成される『アルバム部門』の計2部門で行います。『年間MVP』は、『年間My音楽アワード』内の「ベスト・オブ・アーティスト賞」にてそれとほぼ同様の内容の選出をするため、選出対象から除外しました。

尚、ランキングの項目数は各部門、10、20、30、50、100のいずれかをお選びください。と、基本的には「月間音楽BEST」と何ら変わりありませんw あと、こっちの記事うpが予定した日時より大幅に遅れてしまったため、皆さんのランキングの受付期間を12月31日から来年1月7日までに延長させてもらいます~m(_ _)m

今回は俺、木津健のランキングを発表します。設定は、楽曲部門→TOP50、アルバム部門→TOP20です。ではどぞー。(カッコ内の文字は、過去のMy「月間音楽BEST」内でのランクイン推移、太字表示はその中で月間首位を獲得した楽曲です)


A Girl Like MeLovespaceA Perfect Sky

No.1 Pray:SOULHEAD (2月首位、3月5位、4月19位)
No.2 Deja Vu feat. Jay Z:Beyonce (6月9位、7月首位、8月6位、9月4位、10月18位)
No.3 Boomerang:天上智喜 (1月首位、2月6位、3月4位)
No.4 A Perfect Sky:BONNIE PINK (6月首位、7月2位、8月13位)
No.5 SOS:Rihanna (4月3位)
No.6 ULTIMATE GIRLS:Foxxi misQ (10月首位、11月首位)
No.7 Lovespace:名取香り (4月6位、5月10位、6月20位)
No.8 CAN'T SLEEP,CAN'T EAT,I'M SICK:安室奈美恵 (5月首位、6月7位)
No.9 London Bridge:Fergie (9月首位、10月7位、11月16位)
No.10 Kirakuni:Crystal Kay (2月2位、3月16位)


まずはこの1年間のTOP10の発表。先日公開した自己満アワードでも選出した楽曲やアーティストがちらほらww まぁ見事なまでに女性アーが揃い踏みしましたw 

①俺のこの1年を象徴すべき1曲になりました。前期は狂ったようによく聴ききました。
②俺の「月間音楽BEST」中、今年最も長い期間TOP20にランクインしていた楽曲w 自分で制作したランキングとはいえ、5ヶ月って凄いわww 如何に自分がデジャヴ中毒に罹っていたのかがよく分かりますw
③ブンブンブメランテーン(*´д`*)は3位に。後期の活動は随分尻すぼみと化してましたけど、この曲は凄まじくよかたよww
④デビュー10周年という節目の年に本格ヒットが出せてよかったね(・∀・)ニヤニヤ
⑤「月間・・・」では4月で3位を一度獲ったきりランキングにはそれ以来顔を出さなかったんですけど、一年通して安定した頻度で聴いてたのでw
⑥今年イチオシ新人。2ヶ月連続首位を獲得出来るほど自分の中でヒットする楽曲が、果たして今後出てくるかどうか・・・。
⑦これも前期を中心にかなりの頻度で聴いてました。 おかんの着うたやったっていうのも大きいかもw
⑧安室ちゃん(*´д`*)ハァハァ やっぱ倉夫妻は偉大です・・・。ちなみに両Aの「人魚」はTOP100にも入ってません(*ノ∀`*)ペチッ
⑨首位獲った9月は特にロンドン橋フィーバーに見舞われてましたw
⑩あらためて「月間・・・」を見直したら、ランキング的にはそんなに振るってなかった事に気づかされたw

今宵エデンの片隅でALL MY GIRLSLies (5万枚限定生産盤)

No.11 今宵エデンの片隅で:GARNET CROW (8月3位、9月2位、10月6位、11月17位)
No.12 MY GIRLS:May J. (7月3位、8月15位)
No.13 JET:Hoi Festa (4月4位、5月16位)
No.14 XXX feat.KODA KUMi:SOULHEAD (2月3位、3月11位、4月15位)
No.15 ソツギョウ:加藤ミリヤ (2月8位)
No.16 ゴースト・ソング:APOGEE (5月17位、6月15位)
No.17 Lies:倖田來未 (1月6位、2月17位)
No.18 笑顔のままで:上戸彩
No.19 Dear friend:Sowelu (5月3位)
No.20 ダーリン I Love You:好色人種 (4月5位、5月15位)

11位から20位はこうなりました。まずは今年のランキング付けの最終となった11月まで4ヶ月連続でランクインしていたガネクロが11位。iPodでもよく聴きました。あとはMay J.やHoi、ミリヤ、SoweluといったSony系のアーが多く名を連ねてます。あとはやっぱりAPOGEE!おそらく、というか絶対今年最もはまったバンド楽曲だと思いますw 上戸彩は「月間音楽BEST」でのランクインは1度もなかったものの、5位のRihanna同様、毎月ある程度の頻度で聴いていたので高位置ランクインです。

boyfriendIdentityクリス・ブラウン(初回生産限定盤)

No.21 魔法の人:奥華子 (1月7位、3月6位)
No.22 Identity:MITO (5月2位、
No.23 You:木村カエラ (1月3位)
No.24 One More Time:SOULHEAD (5月11位、6月5位 *6月はRemix)
No.25 Last Summer:加藤ミリヤ (7月6位)
No.26 boyfriend:AYUSE KOZUE (4月8位、6月17位)
No.27 Run It! feat.Julez Santana:Chris Brown
No.28 有心論:RADWIMPS (8月5位)
No.29 Tha F.Q's Style feat.JiN:Foxxi misQ (8月11位)
No.30 The Club:天上智喜 (3月2位、4月20位)

21位~30位はこうなりました。まずは倖田來未騒動を受けて知名度急上昇中の奥華子。3月のALもよかった!ソウルヘはここでもAL楽曲でランクイン。USでも大ヒットしたChris Brownも今年初頭にALをよく聴きましたー。RADもカラオケでよく歌ったしねぇ。AYUSEたんの新作はまだ出ないのかYOヽ(`Д´)ノ

ジーザス夢の途中/校庭に見つけた春m-flo inside-WORKS BESTII-

No.31 Zingy feat.Beenie Man:Ak'sent (7月4位)
No.32 七色の明日~brand new beat~:BoA (4月2位)
No.33 ジーザス:バブル青田 (4月首位)
No.34 Lotta Love:m-flo loves MINMI (8月4位)
No.35 Is This Love?:ARIA (2月4位、3月14位)
No.36 愛は特効薬:広瀬香美 (2月7位、3月18位)
No.37 better days feat.加藤ミリヤ、田中ロウマ:童子-T (2月18位)
No.38 夢の途中:平川地一丁目 (4月7位)
No.39 レトルト:扇愛奈
No.40 裸の太陽:YUKI (8月7位、9月11位)

31位~40位はこうなりました。4月首位を獲ったバブル青田さんがこの位置にランクインw あと2月発売の楽曲が4曲もこの位置にランクインしてますww 40位のYUKIはカップリングの方が断然(・∀・)イイ!!

Release TherapyIT’S IN THE STARS(初回限定盤)(DVD付)恋の煙

No.41 Money Maker feat.Pharrell:Ludacris (9月12位、10月5位、11月18位)
No.42 Real Voice:絢香 (8月18位)
No.43 Do What U Gotta Do feat.AI,安室奈美恵,Mummy-D:ZEEBRA (2月9位)
No.44 Magic Music:木村カエラ (7月5位)
No.45 いつかは笑ってうたえる悲しい歌:うたまろ
No.46 Brand New Map:K (8月首位、9月5位)
No.47 レベルアップ:扇愛奈 (9月15位、10月17位)
No.48 This Love:アンジェラ・アキ (6月2位)
No.49 IT'S IN THE STARS:w-inds. (2月15位)
No.50 恋の煙:チャットモンチー (3月首位)

41位~50位はこうなりました。41位には3ヶ月連続ランクイン達成の「エーイエーイエーイ(・∀・)」がランクイン。何なんだあの破壊力抜群のキャッチーさは・・・。43位のZEEBRAは俺のカラオケの十八番になりつつある1曲w 盛り上がるしねー(*ノ∀`*)ペチッ 23位にもランクインしたカエラたんは、出す曲出す曲が好印象でした。 先日「iPod Shuffle賞」に選出した扇愛奈もランクイン。今日も持ち出してバイト先行きましたよ~w




アルバム部門のランキングと総評については、諸事情のため後日発表したいと思いますー。
ちなみにランキングテンプレの方を一応TOP50まで作成して追記にて公開してますので、よろしければお使いくださいー。改造おkです。


参加型企画 『年間My音楽アワード 2006』 

さてさて、先日お伝えしたとおり、年末3大企画の1発目、
『年間My音楽アワード 2006』の方を受付開始したいと思います!(ってもう予定していた日から2日ぐらい過ぎてるけど('A`)

これは『月間音楽BEST』同様、以下に列挙する各賞に該当するアーティストや楽曲、アルバムを、皆さんの完全なる独断と偏見で選出して頂き、2006年の自分の音楽ライフにひとつの”区切り”をつけて頂きたくて立ち上げた企画でございます。

去年は別のブログで自分ひとりでやってたものなんですけど、『月間音楽BEST』が出来た今、こういうのをやってみたら面白いやろうなぁと思い、今回この企画を立ち上げるに至りました。
今回は、俺、木津健の各賞の発表を致しますので、以下を模範にしてご自身のブログやSNSでやって頂けたらよろしいかと思います。


尚、以前にお伝えした際に公表し忘れていたんですけど、新たに今年最も輝いていた新人に贈る賞『ベスト・オブ・ニューカマー賞』をメイン・アワードの方に、今年最も輝いていたプロデューサーに贈る『ベスト・オブ・プロデューサー賞』と、今年最も輝いていたfeat.楽曲に贈る『ベスト・オブ・客演楽曲賞』をジャンル・アワードの方にそれぞれ追加致させて頂きました。よろしくお願いします。m(_ _)m
では発表します!

参加型企画 『月間音楽BEST 2006年11月の巻』 

さて、いよいよ今年最後のこの企画の時期がやってまいりました。
て事で、今月も『月間音楽BEST』の方を、受付たいと思います!

その名のとおり、その月間内に自分自身の聴いた・印象深かった音楽を自由にランク付けしてみよう!という皆さん参加型企画でございます。
今年1月の開始以来、今月で9回目の企画となります。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス 

ルールの方は別ページに掲載しておりますので、初参加の方はまず一読ください!難しいことは一切ありませんよ^-^ 記事の下部分で俺が実際にランキングをつけているので、それも手本にして作成していただければと思います!→http://www.geocities.jp/ondon777/gekkann.html


今月のお知らせ。

まず先月の10月の巻なんですが、こちらのPCの都合によって正式な受付が出来ませんでした(*_ _)人ゴメンナサイ 今後ももしかするとこのような事態に見舞われる事があるかもしれないんですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

次に今月のバナーなんですが、今月はありません!(PCを修理した際にリカバリを施したため、バナー作成ソフトの再インスコが('A`)マンドクセ)その代わりに下に文字リンクを用意したので、そのまま記事のどこかに貼り付けてくださると凄く有難いです。mixiなどでどうしても無理な方は、日記のどこかにこの記事のURLのリンクを貼り付けてください。<(_ _*)>  リンク色は、下のとおりピンクでお願いします。

(*´ -`)ノ 月間音楽BEST 2006年11月の巻 by 音丼屋ヽ(´- `*)


最後に、前々からお伝えしていた年末の特別企画ですが、明日29日か明後日30日あたりには概要をお伝えできるかと思います。さすがにそろそろ公表しないとヤヴァスww



では俺の『月間音楽BEST』をやりまーす!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 200611月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落、緑色は変動なし)



『楽曲部門』

ULTIMATE GIRLS(初回生産限定盤)(DVD付)

No.1ULTIMATE GIRLS:Foxxi misQ
No.2:り・ぼん:My Little Lover
No.3:Smack That feat.Eminem:Akon
No.4:ぼくはくま:宇多田ヒカル
No.5:Baby It's You:JUNE
No.6:WON'T BE LONG:EXILE&倖田來未
No.7:VERY LOVE -0.5℃:MAO/d
No.8:Fergalicious feat.will.i.am:Fergie
No.9:Ohh La La:Nivea(from Album"ANIMALISTIC")
No.10:Trans-Winter~冬のむこう側~:SHOWTA.

No.11:しるし:Mr.Chilren
No.12:ビューティフル・マインド:MIYU
No.13:シャングリラ:チャットモンチー
No.14:SWEET NOVEMBER:Full Of Harmony
No.15:Don't Vanish Love:Emyli
No.16:London Bridge:Fergie
No.17:今宵エデンの片隅で:GARNET CROW
No.18:Money Maker feat.Pharrell:Ludacris
No.19:seraphic:faith
No.20:ラブリー♥キャッツアイ:misono

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1位は先月と変わらず彼女ら。新作の発売も早くも決定したし、来年もFoxxiフィーバーは続きそう!(*´д`*)ハァハァ 2位は新生マイラバ1作目。AKKOのVo.を活かした秀曲です。3位はAkonのEminemプロデュース&客演作。見てお分かりのとおり、邦楽寄りだった今月の音楽ライフの中で最も聴いた回数の多い洋楽かと思われます。4位はHikki初の童謡曲。演奏時間が約2分半って事で、気軽に聴ける分結構な頻度で聴いてましたww その他いい意味で「ま た 韓 国 か ! 」のJUNE⑤、エグ&倖田ユニットは⑥、傳田さんも思った以上に振るわず⑦、Fergieの2ndカット⑧、NiveaAL曲⑨、CMなどでもよく聴く機会があったミスチル⑪、初のオリコンTOP10入りおめ!チャットモンチー⑬、FOHの濃厚R&B⑭、ダイエットの成果が一向に見られないピザ味曽野⑳などなど。


 『アルバム部門』

First Message

No.1:First Message:絢香
No.2:RyozyRyozy:松田亮治
No.3:GIFT+:広瀬香美
No.4:Animaristic:Nivea
No.5:ララバイSINGER:中島みゆき
No.6:Between Friends:Tamia
No.7:IT'S A NEW DAY:矢井田瞳
No.8:Be as One:ゴスペラーズ
No.9:ELIZABETH:LISA
No.10:The Dutchess:Fergie

No.11:Konvicted:Akon
No.12:ALL THE BEST:CHEMISTRY
No.13:m-CABI:ポルノグラフィティ
No.14:mihimania:mihimaru GT
No.15:Point Of No Returen:Shareefa
No.16:Acre Lane:Zoey
No.17:Paula DeAnda:Paula DeAnda
No.18:Cassie:Cassie
No.19:I ♥ PARTY PEOPLE:DJ OZMA
No.20:Makings Of Me:Monica


アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルバムは11月前半にかけて非常に安定して聴いた絢香が月間で首位獲得。これを受けての次回作が気になります。2位は松田亮治の1st。J-R&Bの好きな方は一聴あるのみですよ!3位は広瀬香美の新作。正直前作ほどの勢いが感じられず、首位最有力候補でしたが結果この位置に甘んじました。その他日本先行発売マンセーなNivea3rd④、大御所みゆき氏の新作⑤、日本盤を購入した事によって急上昇したTamia⑥、息の長いヒットになりそうな⑨、ケミベスト⑫、今後注目の女性シンガーZoeyの2nd⑯などなど。ちなみに先月の1位だったガネクロは一気に圏外へw



『月間MVPアーティスト』


Golden Best ~15th Anniversary~ (特典DVD DREAM ~Spring~)(初回限定盤)(DVD付)



ZARD






選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は、10周年ベストもヒット中の彼女に。その当のベストは買ってなかったりするんですけど、それに確実に感化されて、既存のアルバムや音源を引っ張り出してよく聴いたのでww たまに昔の楽曲を聴くと格別ですな(*´д`*)
 
総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月はビッグネームのリリースラッシュで音楽フリークの血が騒いだ反面、そのそれぞれを均等かつ公平な配分で聴くのが難儀で、かなり苦労しましたww まぁ結果的にいいものに多く巡り会えたので、良かったですけど(ノ´∀`*) さぁて来月はいよいよ一年の総決算!これまでこの企画に参加してきてくださった方は、今一度自ら選考した各ランキングを振り返ってみてください。

『月間音楽BEST 2006年10月の巻』 


今回は、PCを修理していたために一般告知が出来なかったこの『月間音楽BEST』の、σ(゚∀゚ オレ、木津健のランキングを発表したいと思います。ではどぞw


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 2006年10月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落、緑色は変動なし)



『楽曲部門』

ULTIMATE GIRLS(初回生産限定盤)(DVD付)

No.1:ULTIMATE GIRLS:Foxxi misQ
No.2:I Say Yeah!:PUSHIM,RHYMESTER,HOME MADE 家族,マボロシ,May J.
No.3:ビューティフル・マインド:MIYU
No.4:夢のうた:倖田來未
No.5:Money Maker feat.Pharrell:Ludacris
No.6:今宵エデンの片隅で:GARNET CROW
No.7:London Bridge:Fergie
No.8:ビューティフル・マインド:弐本恩太
No.9:Margarita feat.Pharrell&Big Boi:Sleepy Brown
No.10:Mosaic:伴都美子


No.11:Starless Night:OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
No.12:I WILL:加藤ミリヤ
No.13:恋愛写真:大塚愛
No.14:二人だけの世界:あじさい
No.15:道標:橘慶太
No.16:Need A Boss feat.Ludacris:Shareefa
No.17:レベルアップ:扇愛奈
No.18:Deja Vu:Beyonce
No.19:ハローグッバイ:藍坊主
No.20:約束の場所:CHEMISTRY

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は、文句なしでFoxxi(*´д`*)が1位。ブッチギリでした。2位はNeOSITE所属のアーティストによるコラボシングル。カラオケのレパートリーに取り込むために、半ば必死に聴いてましたw 3位は発売が待ち望まれていた大島美幸ことMIYUのシングル。作曲者のセルフカヴァーでもある弐本恩太Ver.の方も8位に登場し、同内容の楽曲がTOP10内に名を連ねることとなりました。その他パクリでも結構聴いてた④、Pharrell客演曲⑤⑨、”閃光”よりこっちの方がずっとよかった⑩、『ア・ア・ア・ア・ア・ア・ア・ア・アッー!』⑯、毎回安定したクオリティの藍坊主の新作⑲などなど。


 

 『アルバム部門』

THE TWILIGHT VALLEY(初回限定盤)(DVD付)

No.1:THE TWILIGHT VALLEY:GARNET CROW
No.2:The Dutchess:Fergie
No.3:ELIZABETH:LISA
No.4:Badonkadonk:Asami
No.5:BREATH:bird
No,6:風味堂2:風味堂
No.7:Makings Of Me:Monica
No.8:Cassie:Cassie
No.9:Paula DeAnda:Paula DeAnda
No.10:Release Therapy:Ludacris

No.11:home:TRIPLANE
No.12:B'Day:Beyonce
No.13:パレード:GO!GO!7188
No.14:Harvest:TOKIO
No.15:The Remedy:Boyz Ⅱ Men
No.16:Mr.Brown:Sleepy Brown
No.17:生きたくはない僕等:上原あずみ

No.18:Mi Amore:Velvet
No.19:明るい未来計画:好色人種
No.20:James Morrison:James Morrison

アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
アルバムは、楽曲部門で息の長いヒットになってる⑥も収録のガネクロの新作が首位獲得、となってるわけですが、実質4位ぐらいまでは聴いてる回数に大差ないかもww 前回首位のFergie嬢は、ワンランクダウンのみで、まだまだ勢いを振るいそう。Paula DeAndaも日本盤発売により、急落を逃れましたw その他出産後初アルバム⑤、何だかんだで聴いてた⑧、これから聴き込む予定の⑮、逆に思ったよりも聴いてない⑰、スウェーデンの新鋭⑱などなど。




『月間MVPアーティスト』





Foxxi misQ





選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
やっぱり彼女らに。デビュー作『Tha F.Q.'s Style』から更に進化を遂げた今作『ULTIMATE GIRLS』のクオリティの高さにただただ驚くばかりだったので。まさかここまで強力なものに仕上げてくるとは思っても見ずw 次回作楽しみー(・∀・)ニヤニヤ


 
総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月はシングル・アルバムともに良作が多く、その両方をバランスよく聴いていた月でした。
特に上でも紹介したFoxxi misQをはじめとするAsami、LISA、あじさいら俺の特に好きなJ-R&Bアーティストの放った作品に目覚しい出来のものが多く、リスナーとして嬉しい限りでした(*´д`*)

さてさて、今月付のランキングでいよいよ今年最後となる『月間音楽BEST』なんですが、年末にはこの1年間を振り返り、音楽に関する各賞を選出する『年間音丼屋アワード』と、『月間音楽BEST』をそのまま切り替えた『年間音楽BEST』の2つの企画を立ち上げる予定です。
ですが、この企画の概要を練る時間が最近まったくといっていいほどなかったため、詳細はまた後日お伝えする事にします(;´Д`)

皆さん参加型企画『月間音楽BEST 2006年9月の巻』 

さてさて、この企画ももう9回目ですよ・・・早いもんですw
て事で、今月も『月間音楽BEST』の方を、受付たいと思います!

その名のとおり、その月間内に自分自身の聴いた・印象深かった音楽を自由にランク付けしてみよう!という皆さん参加型企画でございます。
今年1月の開始以来、今月で9回目の企画となります。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス 

ルールの方は別ページに掲載しておりますので、初参加の方はまず一読ください!難しいことは一切ありませんよ^-^ 記事の下部分で俺が実際にランキングをつけているので、それも手本にして作成していただければと思います!→http://www.geocities.jp/ondon777/gekkann.html

今月のお知らせ。

総評の件ですが、バイトなどで日々忙しくなりつつあるので、やはりしばらくの間は、見送らせていただこうかなと思っている所存であります。(*_ _)人ゴメンナサイ
その代わり、ランキング募集の〆切制度を排除させていただきましたので、基本的にランキングは常時受け付けております(・∀・)ニヤニヤ (でも出来るだけ早く出してほしいな☆)


ちなみに今月のバナーはこちら!↓のバナーのタグを、記事のどこかに貼り付けてくださると凄く有難いです。mixiなどでどうしても無理な方は、日記のどこかにこの記事のURLのリンクを貼り付けてください。<(_ _*)>



 ⇒ 




では俺の『月間音楽BEST』をやりまーす!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 2006年9月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落、緑色は変動なし)



『楽曲部門』

London Bridge

No.1:London Bridge:Fergie
No.2:今宵エデンの片隅で:GARNET CROW
No.3:losin':伊藤由奈
No.4:Deja Vu:Beyonce
No.5:Brand New Map:K
No.6:今が大好き:ユンナ
No.7:アイノコトバ:hitomi
No.8:All Of My Life:Natalie(from Album"Everything New")
No.9:Move On:Rain(ピ)
No.10:たらこ・たらこ・たらこ:キグルミ

No.11:裸の太陽:YUKI
No.12:Money Maker feat.Pharrell:Ludacris
No.13:Call On Me feat.Nelly:Janet Jackson
No.14:スイミー:Every Little Thing
No.15:レベルアップ:扇愛奈
No.16:S.E.X. feat.LaL
a Brown:Lyfe Jennings
No.17:ねぇ:navy&ivory
No.18:Flowers:moumoon
No.19:未来:夏川りみ
No.20:SexyBack:Justin Timberlake

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月はファーギーたんのロンドン橋が1位ゲットε≡Ξ⊂ ´⌒つ´∀`)つ ズサー。あの一筋縄ではいかないグルーヴ感がたまりません!今では友人や妹にまで蔓延したFergie病はまだまだ勢いを保持しそうです。続いて2位は先週から1ランクアップのガネクロ。マジでドツボです。来月のアルバムも楽しみ!!3位は伊藤由奈の2stepチューンですが、実際あんま聴いてなかったかもwwただ発売当時はよく聴いてたので、その時に一気にポイントを稼いた感じですねぇ。あとユンナもhitomiも最近一切外れないなぁ。たらこは実質ストラップのみのポイントといっても過言ではないでしょうww その他『エーイエーイエーイ♪』というキャッチーなフックに今夢中なLudacrisのニューアルバムからの1stカット⑫、ドラマ効果で急落を逃れた⑭、今回もやってくださいました扇さんの変態ワールド炸裂の⑮、官能的R&B⑯、夏川らしからぬポップチューン⑲、お馴染み洗脳系エレ・チューン⑳などなど。


 

 『アルバム部門』

プリンセス・ファーギー:THE DUTCHESS(初回限定特別価格)

No.1:The Dutchess:Fergie
No.2:B'Day:Beyonce
No.3:Eternal Rain:Rain(ピ)
No.4:Wave:YUKI
No.5:Everything New:Natalie
No,6:Paula DeAnda:Paula Deanda
No.7:What's goin'on A.I.:AI
No.8:20 Y.O.:Janet Jackson
No.9:Live Goes On:SEAMO
No.10:FutureSex/LoveSounds:Justin Timberlake

No.11:湘南乃風~Riders High~:湘南乃風
No.12:ARIA:ARIA
No.13:Perfect Best:Luther Vandross
No.14:PARADE:スガシカオ
No.15:Flowers:moumoon
No.16:彼女:aiko
No.17:mihimagic:mihimaru GT
No.18:Hoodstar:Chingy
No.19:MAISELF:舞
No.20:LOL:Blog27

アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルバム部門は、ビヨ様を押しのけてファーギーたんが2冠獲得。もうすっかりハマってしまった1枚ですww て事で2位がビヨ様。かなり好感触な楽曲が多かったんですが、月の後半は若干失速気味でこの位置に。3位はRainの日本2nd。ミッチー夫妻目当てでゲトったらこれがもう大当たり!韓国はやっぱナメちゃいかんよww 4位はYUKIの新作。楽曲は粒揃いで楽しませてもらいました。5位はNatalieの2nd。1stに比べると随分ポップになったけど、やっぱ(・∀・)イイネ!!同じくポップ・ディーバのPaula Deandaのデビュー盤が6位。7位のAIは購入したばかりだというのにこの位置にくるほど聴いてますからねぇ。8位のJanet9位のSEAMOも、ともに楽しませてもらいました。10位のJustinは、レビューでは酷評気味でしたが、結果的によく聴いたので10位。以下ピタくんGJ!!のLuther Vandrossベスト⑬、販促盤で大当たりのスガシカオの快作⑭、某Won●er ●ooごり押しアーティストながら、なかなか爽やかで聴き応えのあった新鋭⑮、従来に比べて甘ったるすぎる構成に相当な肩透かしを食らわされた⑰、ポストt.A.T.uの座も夢じゃない!?少女2人組⑳などなど。地味ーにELTが先月の首位から圏外へ('A`)

ちなみにそのまた下に、AaliyahのLUIRE投票ベストや、歌って演じれるマルチな才能を持つポップ・シンガーVanessa Hudgensの歌手デビュー盤、Ne-Yoライクな甘い声が魅力の期待の男性R&BシンガーMario Vanquez、新メンバー投入で新たなスタートをきったLillixの2nd、AAAのデビュー1周年記念盤、CHEMISTRYの豪華メンツ参加のRemix盤、名プロデューサー織田哲郎のセルフカヴァーアルバム、おデブラッパー・Fatman Scoopのデビュー盤、買わないと言い張っていた奥田美和子たんの新作などが揃ってランクイン。
いやぁ~今月は何だかんだでアルバム豊作やったわぁ(ノ´∀`*)




『月間MVPアーティスト』


B'day



Beyonce







選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ファーギーたん三冠も十分検討したんですが、誕生日と言う事もありこの方に差し上げました。先行の『Deja Vu』が個人的な大&ロングヒットになってるし、アルバムの出来も申し分なし。(PVもねww)総合的に見れば、MVPは彼女に決まりでしょう(・∀・)ニヤニヤ

 
総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は完全なアルバム型だったので、シングル曲(特に邦楽)は正直まともに聴いてませんww 一応一通り聴きはするけど、その中で病みつきになった楽曲って、ほぼ皆無やったんちゃうかなぁ。基本的に俺の音楽スタイルは気まぐれ極まりないので、ランキングの趣が毎月のようにコロコロ変わり、俺にすらギリギリまで順位がまったく分からないぐらいですからねぇ('A`) まぁその方が面白いっちゃ面白いけどねww てことでまた来月!

あ、来月のこの企画の際、この『月間音楽BEST』に参加してくださる皆さん、そして見てくださっている皆さんに、度々ここで話題に出ている年末開催予定のアレについて、詳しいことがお伝え出来るかと思います!!

参加型企画『月間音楽BEST 2006年8月の巻』 

さてさて、夏休みももう終わりという事で、今月も、
『月間音楽BEST』の方を、受付たいと思います!

その名のとおり、その月間内に自分自身の聴いた・印象深かった音楽を自由にランク付けしてみよう!という皆さん参加型企画でございます。
今年1月の開始以来、今月で8回目の企画となります。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス 

ルールの方は別ページに掲載しておりますので、初参加の方はまず一読ください!難しいことは一切ありませんよ^-^ 記事の下部分で俺が実際にランキングをつけているので、それも手本にして作成していただければと思います!→http://www.geocities.jp/ondon777/gekkann.html

今月のお知らせ。

先月の今企画実施の際に、参加してくださったの方の内から『総評を復活させてほしい』というご要望を頂き、当初は復活させようと考えていたんですけど、最近記事の更新配分が大幅に狂っているので、『総評が出来そうならやる』といった方針でよろしいでしょうか。 ペコリm(_ _)m

尚、今回のランキング募集の区切りは、9月4日(月)とさせて頂きます。

ちなみに今月のバナーはこちら!↓のバナーのタグを、記事のどこかに貼り付けてくださると凄く有難いです。mixiなどでどうしても無理な方は、日記のどこかにこの記事のURLのリンクを貼り付けてください。<(_ _*)>



 ⇒ 




では俺の『月間音楽BEST』をやりまーす!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 2006年8月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落、緑色は変動なし)



『楽曲部門』

Brand New Map

No.1:Brand New Map:K
No.2:invitation:柴咲コウ
No.3:今宵エデンの片隅で:GARNET CROW
No.4:Lotta Love:m-flo loves MINMI
No.5:有心論:RADWIMPS
No.6:Deja Vu:Beyonce
No.7:Do It To It:Cherish
No.8:裸の太陽:YUKI
No.9:恋のメガラバ:マキシマム ザ ホルモン
No.10:夏の魔法~Summer Magic~:MORISHIN'S

No.11:Tha F.Q's Style feat.JiN:Foxxi misQ
No.12:スイミー:Every Little Thing
No.13:A Perfect Sky:BONNIE PINK
No.14:DISCO先輩:BENNIE K with アルファ
No.15:MY GIRLS:MAY J.(from Album"ALL MY GIRLS")
No.16:願い星:SHOWTA.
No.17:SIGNAL:KAT-TUN
No.18:Real Voice:絢香
No.19:Sorry:STY wit'Nao'ymt
No.20:stuck on you:伊藤由奈

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月はKがまさかの1位。聴く前までは全然期待してなかったのに開けてビックリの大ヒットで、見事俺の月間音楽BEST初の男性アーティスト1位を飾ってくれました。以下も柴咲・ガネクロというなんとも俺らしからぬメンツがTOP3を占拠する結果になりました。他には、m-flo loves④は今回も安定していたし、⑤のRADは今回初のTOP10入り。⑥のビヨ様は2nd『Ring The Alarm』がTOP20のすぐ下で初登場の模様('A`) ⑧のYUKIはカップリング曲ですが、A面曲よりずっといいしw 今のところ最優秀カップリング曲賞候補かな(・∀・)ニヤニヤ(←年間音楽アワードの際に皆さんにも選出してもらう予定です) ⑨のマキシマムは曲のキャッチーさが7月末あたりからジワジワとき始めて、結果こうなりました。⑩のMORISHIN'Sも夏っぽくて爽やかやったなぁ。以下ELTのカット⑫、先月から急落⑬、ベニケコラボ⑭、期待のオカマちゃん⑯、Nao'ymtの配信プロジェクト⑲などなど・・・。


 『アルバム部門』

Crispy Park

No.1:Crispy Park:Every Little Thing
No.2:ARIA:ARIA
No.3:彼女:aiko
No.4:Unappreciated:Cherish
No.5:24 - twenty four-:Sowelu 
No,6:ザ・ベニーケー・ショウ2:BENNIE K
No.7:Corinne Bailey Rae:Corinne Bailey Rae
No.8:Charlie:Charlie
No.9:ALL MY GIRLS:May J.
No.10:This Is Me:KiKi
No.11:Paris:Paris Hilton
No.12:STARDUST CRUISING:So'Fly
No.13:Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-:BONNIE PINK
No.14:Out of Many One...:Tami Chynn
No.15:International:Ak'sent
No.16:I LOVE 田舎:タカチャ
No.17:Keep Ya Style:YA-KYM
No.18:Back To Basics:Christina Aguilera
No.19:fall back:米倉利紀

No.20:Danity Kane:Danity Kane


アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルバムは洋邦満遍なくランクイン
。そんな中の首位はELT・・・だったんですが、2位と3位とそんなにポイント差がない感じなので、実際は1~3位までが同率1位といったところかな。その他④のCherishは、ビジュはともかく楽曲がキャッチーで結構な頻度で聴いてました。⑤のSoweluはランクダウンしたものの、依然お世話になっちゃってます。『ポップになった』とかほざいてながら、いっちょまえに聴き浸ってるしね('A`) ⑥にはベニケのコラボアルバム。粒揃いの1枚でした。⑦のCorinneオバさん(なんかこう呼びたい)もBGMには最適なので。⑧のCharlieは発売から1ヶ月ほど遅れてのゲット。⑨のMay J.は早くも次回作に期待しちゃってます^-^ ⑩のKiKiは6月から息の長いヒットです。Amerie最高(・∀・)ニヤニヤ 以下、対象期間ギリギリに購入したためこの位置となったものの、普通に首位を狙えてたであろうクオリティの高さに驚嘆した⑪、m-floの1stチックな構成の⑫、ダンスホールに留まらなかったなかなかの1枚⑭、思ってた以上に肩透かしを食らった残念な2枚⑯⑰、地味に初登場⑳などなど・・・。




『月間MVPアーティスト』


ARIA



ARIA








選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

誰にあげようか迷いに迷った結果彼女に。Asuka時代から某ワングーにて猛烈プッシュされるもなかなか芽が出ず、今尚かなり悲壮感ムンムンではあるんですが、肝心の楽曲のクオリティはすこぶる高いので個人的には何も問題なし!これからももっともっと素晴らしい音楽届けてくださいな(ノ´∀`*)


 
総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は『意外』が自分の中でのキーワードでしたねぇ。聴く前と聴いた後との印象のギャップが激しいものが本当に多くて。まぁ良作に恵まれるというのは、嬉しいこの上ないんですがw
あとやっぱ女性ものが多いなーと。これは今に始まったことではないんですけど、男性アーティストのものでそそられた作品が実際あまりなかったんですよねぇ。たとえどんなジャンルであろうと魅力的なアーティストにはどんどん食いつくタチなので、来月はそういうアーティストがたくさん発掘出来ればいいなぁ(*´д`*)ハァハァ 
 

ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   

参加型企画 『月間音楽BEST 2006年7月の巻』 

さて、夏休みにも突入したという事で、このブログでもこの告知をする時期がやってまいりました!

という事で、『月間音楽BEST』の方を、今月も実施します!

その名のとおり、その月間内に自分自身の聴いた・印象深かった音楽を自由にランク付けしてみよう!という皆さん参加型企画でございます。
今年1月の開始以来、今月で7回目の企画となります。<(_ _*)> アリガトォゴザイマス 

ルールの方は別ページに掲載しておりますので、初参加の方はまず一読ください!難しいことは一切ありませんよ^-^ 記事の下部分で俺が実際にランキングをつけているので、それも手本にして作成していただければと思います!→http://www.geocities.jp/ondon777/gekkann.html

今月のお知らせ。

先月分の総評をするのをスッカリ忘れてしまってました、すみませんm(_ _)m
でも、総評をしなくても別にかまわないかなぁという気もしなくなくなってきましてですね、俺が総評してしまう事によって、少なからずそれを意識されてランキングをつける方もいらっしゃるのかなぁという見方も出来てしまうので、とりあえずは、総評なしでしばらくやってみたいと思います。
すみませんねー毎月のようにコロコロと^-^; まぁ7回目に突入した今でもまだまだスタイルを模索中なもので・・・w

尚、今回のランキング募集の区切りは、8月5日(土)とさせて頂きます。

ちなみに今月のバナーはこちら!↓のバナーのタグを、記事のどこかに貼り付けてくださると凄く有難いです。mixiなどでどうしても無理な方は、日記のどこかにこの記事のURLのリンクを貼り付けてください。<(_ _*)>



 ⇒  




では俺の『月間音楽BEST』をやりまーす!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

月間音楽BEST 2006年7月の巻 

評:木津健 (赤字は先月より上昇、青字は先月より下落)



『楽曲部門』



No.1:Deja Vu:Beyonce
No.2:A Perfect Sky:BONNIE PINK
No.3:MY GIRLS:MAY J.(from Album"ALL MY GIRLS")
No.4:Zingy:Ak'sent
No.5:Magic Music:木村カエラ
No.6:Last Summer:加藤ミリヤ
No.7:Summer Time Love:m-flo loves 日之内絵美&Ryohei
No.8:SIGNAL:KAT-TUN
No.9:LAST SUMMER:So'Fly
No.10:with out you:Sowelu(from Album"24-twenty four-)
No.11:So What feat.Ciara:Field Mob
No.12:MOVIN!!:タカチャ
No.13:Do It To It:Cherish
No.14:Peace loving People:絢香
No.15:Torn:LeToya
No.16:もう君だけを離したりはしない:上木彩矢
No.17:If U Want feat.Bun B:Donell Jones
No.18:JUICY:倖田來未
No.19:Sexy Back:Justin Timberlake
No.20:Crowded feat.Papoose:Jeannie Ortega

楽曲部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今月は、先月で上半期分が終了して自分の中でどっかのスイッチが切り替わったのか、たまたま自分の注目リリースが重なったからか知りませんけど、とにかく洋楽が強かった!その中でも楽曲部門ではビヨ様の1stカットシングルが頂点に!先月からの大幅ランクアップです。よく聴いたなぁ。
先月1位だったボニピンは2位にランクダウンしたものの、依然勢いあります!その他邦楽勢では絢香の『Real Voice』カップリング曲⑭や、Soweluのアルバム曲⑩などがランクイン。洋楽勢ではビヨ様同様新作が待たれるJustinの先行⑲や、これなんてCiaraの『Oh』?状態ながら気づけばハマってしまっていたポストデスチャとの呼び声も高いR&Bグループ・Cherishの1stシングル⑬などなど、来月も引き続き猛威を振るいそうな強烈な楽曲が軒を連ねる結果になりました。


 

 

 
『アルバム部門』

ALL MY GIRLS

No.1:ALL MY GIRLS:MAY J.
No.2:Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-:BONNIE PINK
No.3:Corinne Bailey Rae:Corinne Bailey Rae
No.4:24 - twenty four-:Sowelu
No.5:International:Ak'sent
No,6:Bitween Friends:Tamia
No.7:LeToya:LeToya
No.8:Journey Of A Gemini:Donell Jones
No.9:Secret Code:上木彩矢
No.10:This Is Me:Kiki
No.11:Home:アンジェラ・アキ

No.12:In My Mind:Pharrell
No.13:ファンキーモンキーベイビーズ:FUNKY MONKEY BABYS
No.14:耳鳴り:チャットモンチー
No.15:俺:オレスカバンド
No.16:Specially:玉置成実
No.17:Loose:Nelly Furtado
No.18:ULTRA BLUE:宇多田ヒカル
No.19:Bright Idea:Orson
No.20:Alright Still:Lily Allen


アルバム部門の主な選出理由をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アルバムもいつも以上に聴き耽っていたので、この企画始まって以来初めてTOP20を公開(ノ´∀`*)
 1位はJ-R&Bの期待の新人MAY Jの1stミニアルバム。その下に楽曲部門と同じくボニピンのベスト盤がランクインしました。3位のCorinneのアルバムもよかった・・・・何なんだあの声は。その他ズィンズィギAk'sentのデビュー盤④、Tamiaインディーズ盤⑤、Donell兄貴の待ちわびた新作⑧、こちらもかなり待たされたPharrell⑫、思ったより秀作だったファンモン1st⑬、ロックバンドチャットモンチーの可愛く痛い1stフル⑭、オサーンバンドOrson⑲、一風変わったサウンドが楽しめたLily Allenの⑳など、こちらは洋邦バランスよく聴いてましたねー。




『月間MVPアーティスト』

Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-



BONNIE PINK






選出理由をどうぞ!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

順当すぎますが彼女に!先月にあげてもよかったんですが、代わりにニューカマーベストの方を選出してしまったのと、どうせならベストが発売される今月の方がいいんじゃないかなーという事で先月の時点でMVP大本命でしたw デビューして10周年を迎えたという事で、本当に息の長いアーティストさんだなーと再認識しました。これからも頑張って!


 
総評をどうぞ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

全体を通して見ると、いつも以上にフレッシュなメンツが多数顔をそろえている事に気づきました。特にR&B。邦楽シーンも、洋楽のようにもっと活性化される事を願って、もっともっと聴き漁っていきますよ^-^
 


ブログランキングにも参加しています。よければクリックお願いします。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

   






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。